INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 怨霊 [SAT] 怨靈 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
幽霊 (術語) (...)  祟り (術語) (...)  咒術 (術語) (...)  日本書紀 (文献) (...) (術語) (...)  尊卑分脈 (文献) (...)  東海道四谷怪談 (文献) (...)  王法 (術語) (...)  死霊 (術語) (...) (術語) (...) 
-- 47 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
村山 修一 (著)室町時代の仏教教化と歴史意識支那仏教史学 通号 1942-12-30 60-82詳細
五来 重 (著)民俗信仰としての大般若経印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 183-185詳細
鈴木 昭英 (著)神宮寺の成立について印度学仏教学研究 通号 22 1963-03-31 194-195詳細
工藤 張雄 (著)日本宗教政策史宗教研究 通号 177 1964-01-31 118-119(R)詳細
工藤 張雄 (著)日本宗教政策史宗教研究 通号 181 1965-03-31 160-161(R)詳細
和多 昭夫 (著)護法童子密教文化 通号 104 1973-12-20 19-41(R)詳細
平 祐史 (著)一村落寺院の開創伝承について日本文化と浄土教論攷:井川定慶博士喜寿記念 通号 1974-11 230-241(R)詳細
藪田 嘉一郎 (著)御霊信仰と念仏日本文化と浄土教論攷:井川定慶博士喜寿記念 通号 1974-11 273-284(R)詳細
梅原 猛 (著)聖徳太子と仏教禅文化 通号 76 1975-03-20 29-42(R)詳細
川口 久雄 (著)仏教文学における対象と方法の問題について仏教研究論集:橋本博士退官記念 通号 1975-11-20 689-695(R)詳細
吉村 貞司 (著)足利義政と銀閣の庭禅文化 通号 81 1976-09-20 45-52(R)詳細
奈良 弘元 (著)仏教の民衆への浸透仏教の社会的機能に関する基礎的研究―日本仏教を中心として 通号 1977-05 127-154詳細
大隅 和雄 (著)『愚管抄』における王法と仏法思想 通号 657 1979-03-05 84-97詳細
長谷川 星漢 (著)華南を行く禅源随想禅文化 通号 99 1980-12-25 58-65(R)詳細
相良 亨 (著)『太平記』の人間理解日本倫理思想史研究 通号 1983-07 115-136(R)詳細
中村 元 (共著); 梅原 猛 (共著)対談・聖徳太子と日本仏教東洋学術研究 通号 109 1985-11 133-173(R)詳細
渡辺 貞麿 (著)仏前で『平家』を語るということ真宗教学研究 通号 9 1985-11-23 87-102詳細
田中 久夫 (著)孟蘭盆会と無縁仏仏教年中行事 / 仏教民俗学大系 通号 6 1986-10-25 97-118(R)詳細
下田 弘 (著)祟り東方 通号 4 1988-12-22 137-145(L)詳細
仲尾 俊博 (著)天台法華宗を求めて日本の仏教と文化:北畠典生教授還暦記念 通号 1990-07-31 67-86(L)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage