INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 憑依 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
カースト (術語) (...)  人類学 (分野) (...)  祖霊崇拝 (術語) (...)  入西鑑察 (術語) (...)  開山信仰 (術語) (...)  真宗儀礼 (術語) (...)  呪い (術語) (...)  修験道 (術語) (...)  山岳 (術語) (...)  仏教説話集 (術語) (...) 
-- 34 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
月光 善弘 (著)盲ミコと行者宗教研究 通号 162 1960-03-15 26-27(R)詳細
宮家 準 (著)修験道の憑祈祷哲学 通号 50 1967-03-02 183-212(L)詳細
佐々木 宏幹 (著)シャーマンの諸類型について宗教研究 通号 210 1972-03-31 2-4(R)詳細
小野 泰博 (著)人格変換の心理と憑依体験三康文化研究所年報 通号 4/5 1973-03-25 51-100詳細
片山 一良 (著)パーリ文献に於ける精霊の扱い宗教研究 通号 214 1973-03-31 100-101(R)詳細
杉山 晃一 (著)母系親族祭祀における集団的憑依について論集 通号 4 1977-12-10 126-127詳細
田中 雅一 (著)ヒンドゥ供犧論からみた憑依と司祭職宗教研究 通号 271 1987-03-31 379-380(R)詳細
長谷部 八朗 (著)「修法師」にみる修行体験と祈祷法宗教学論集 通号 14 1988-03-31 11-27詳細
河野 亮仙 (著)ブータの憑依現象にみる神威(アナング)の伝達宗教研究 通号 283 1990-03-31 148-149詳細
中西 裕二 (著)動物憑依の諸相慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 通号 30 1990-12-20 45-52(L)詳細
田中 雅一 (著)スリランカ、タミル漁村の憑依宗教研究 通号 287 1991-03-31 348-349(R)詳細
今村 仁司 (著)儀礼と暴力実践宗教の人類学――上座部仏教の世界 通号 1993-03-10 71-101(R)詳細
和田 俊昭 (著)おかげの構造教学研究所紀要 通号 2 1993-03-25 101-122詳細
童乩から法師への変身過程考宗教研究 通号 295 1993-03-31 368-369(R)詳細
清田 実 (著)芹沢光治良の作品におけるある憑依現象について宗教研究 通号 295 1993-03-31 369-371(R)詳細
高橋 孝信 (著)古代ドラヴィダの神観念ドラヴィダの世界:インド入門Ⅱ 通号 1994-03-11 54-65(R)詳細
華園 聡麿 (著)古文献に見る神観念の原質と展開東北大学文学部研究年報 通号 43 1994-03-31 151-182詳細
米村 竜治 (著)儀礼に見る宗教的感情教学研究所紀要 通号 3 1995-03-31 127-152詳細
古賀 万由里 (著)伝統の保存とイデオロギー三田社会学 通号 5 2000-07-15 0-4(L)詳細
塩月 亮子 (著)聖なる狂気癒しと救い――アジアの宗教的伝統に学ぶ 通号 2001-01 43-62(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage