INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 日蓮宗学 [SAT] 日蓮宗學 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
日本仏教 (分野) (...)  日蓮 (人物) (...)  日蓮宗 (分野) (...)  優陀那日輝 (人物) (...)  日蓮教学 (分野) (...)  四辻家 (人物) (...)  日幹 (人物) (...)  純粋宗学 (術語) (...)  教学論 (術語) (...)  一妙日導 (人物) (...) 
-- 51 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
網脇 竜妙 (著)日蓮宗学の現代的徹底単純化と人間礼拝日蓮宗教学研究大会紀要 通号 1 1949-03 -詳細
安永 弁哲 (著)日蓮宗学の主体性日蓮宗教学研究大会紀要 通号 1 1949-03 -詳細
齋藤 龍遵 (著)一代五時の徹底と「いのり」の宗学大崎学報 通号 97 1950-06-20 186-188(R)詳細
鴨宮 英迅 (著)小林・中野両氏を批判し本尊鈔の信行往成・法行成仏を論ず大崎学報 通号 98 1951-07-05 100-102(R)詳細
米田 淳雄 (著)宗学の根本的立場望月歓厚先生古稀記念論文集 通号 1951-11 280-290(R)詳細
恵谷 ---- (著)望月歓厚先生古稀記念論文集仏教史学 通号 1952-01-30 80-81(R)詳細
渡辺 宝陽 (著)優陀那日輝の「宗学」について印度学仏教学研究 通号 26 1965-03-31 276-279詳細
渡辺 宝陽 (著)優陀那日輝の本迹論について印度学仏教学研究 通号 28 1966-03-31 292-296詳細
浅井 円道 (著)執行先生の急逝を悼む大崎学報 通号 124 1969-06-25 48-50(R)詳細
渡辺 宝陽 (著)一如日重の行法観印度学仏教学研究 通号 42 1973-03-31 72-76詳細
小野 文珖 (著)庵林宗学の系譜日蓮教学研究所紀要 通号 5 1978-03-31 68-80(R)詳細
宝田 日雄 (著)了義院日達上人伝について大崎学報 通号 131 1978-09-12 49-51詳細
茂田井 教亨 (著)宗学研鑽上の課題大崎学報 通号 131 1978-09-12 19-31詳細
浅井 円道 (著)上行菩薩大乗菩薩の世界:金岡秀友博士還暦記念論文集 通号 1987-07-20 171-182詳細
町田 是正 (著)追悼大崎学報 通号 146 1989-11-29 17-28詳細
関戸 尭海 (著)『守護国家論』と『報恩抄』の連関印度学仏教学研究 通号 77 1990-12-20 229-234詳細
糸久 宝賢 (著)京都本法寺の「楽座制度」について印度学仏教学研究 通号 78 1991-03-20 243-247詳細
安中 尚史 (著)近代日蓮宗の動向印度学仏教学研究 通号 79 1991-12-20 289-291詳細
小山 正文 (著)日蓮の唱題思想と檀那流の灌頂玄旨口伝日本・中国仏教思想とその展開 通号 1992-10-25 115-158(R)詳細
間宮 啓壬 (著)日蓮の信仰における「謗法罪」の位置と意義論集 通号 19 1992-12-31 37-55詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage