INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 晋代 [SAT] 晉代 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
中国仏教 (分野) (...)  中国 (地域) (...)  インド旅行記 (分野) (...)  六朝 (時代) (...)  魏代 (時代) (...)  南北朝時代 (時代) (...)  六朝時代 (時代) (...)  東晋以後 (時代) (...)  グプタ朝 (時代) (...)  前秦 (時代) (...) 
-- 45 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
妻木 直良 (著)道教之研究(1)東洋学報 通号 1911-01-31 1-56(R)詳細あり
堀 謙徳 (著)法顕の行路 (上)東洋学報 通号 1913-07-28 309-316詳細
堀 謙徳 (著)法顕の行路 (中)東洋学報 通号 1913-11-05 459-469詳細
常盤 大定 (著)漢明求法説の研究東洋学報 通号 1920-05-12 112-127詳細
塚本 量遠 (著)支那宗教史実に於ける神滅不の論争並びに其の民族的批判(一)仏教学雑誌 通号 1920-06-10 27-34(R)詳細
久保田 量遠 (著)支那宗教史実に於ける神滅不の論争並びに其の民族的批判(三)仏教学雑誌 通号 1920-10-08 27-34(R)詳細
大谷 勝真 (著)支那に於ける仏寺造立の起源に就いて東洋学報 通号 1921-02-11 138-453詳細
幸田 露伴 (著)晋の僧法顕南アメリカに至る?日本に至る?思想 通号 83 1929-04-01 127-130詳細
矢吹 慶輝 (著)頓悟義の首唱者、竺道生とその教義仏教学の諸問題 通号 1935-06 785-796(R)詳細
岩崎 敲玄 (著)浄土律の先駆及び首唱者浄土学 通号 11 1937-04-05 17-34(R)詳細
服部 仙順 (著)道安造像及び其の信仰浄土学 通号 13 1938-08-05 83-92(R)詳細
宮川 尚志 (著)支那山岳仏教の成立と廬山日華仏教研究会年報 通号 5 1942-02-20 104-139詳細
香月 乗光 (著)東晋代に於ける禅法と浄土教浄土学 通号 18/19 1942-06-10 163-182詳細
福井 康順 (著)霊宝経の研究東洋思想研究 通号 4 1950-05-25 47-158詳細
藤野 立然 (著)盂蘭盆経攷龍谷大学論集 通号 353 1956-10-15 340-345詳細
石原 良純 (著)『註維摩詰経』に現われた僧肇の十地思想について仏教文化研究 通号 9 1960-03-31 98-99(R)詳細あり
大谷 哲夫 (著)魏晋代における習禅者の形態印度学仏教学研究 通号 37 1970-12-25 267-269詳細
羽渓 了諦 (著)弥天道安論仏教論説選集:羽渓了諦博士米寿祝賀記念 通号 1971-11-13 740-780(R)詳細
岡部 和雄 (著)経録の比較から見た竺法護の訳経部数曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 4 1972-09-20 114-116(R)詳細
大谷 哲夫 (著)魏晋代における習禅者の神異について宗教研究 通号 214 1973-03-31 119-120(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage