INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 最高神 [SAT] 最高神 [SAT] 最髙神 [SAT] 最髙神 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
プラーナ (術語) (...)  ヴィシュヌ神 (術語) (...)  終末論 (術語) (...)  Vāsudeva (術語) (...)  英雄神 (術語) (...)  牧童神 (術語) (...)  如来蔵 (術語) (...)  心真如 (術語) (...)  神学 (術語) (...)  融合論 (術語) (...) 
-- 19 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
小山 典勇 (著)インド教徒の信仰態度智山学報 通号 39 1976-07-30 113-130(R)詳細
松原 光法 (著)パンチャラートラの神学と最高神の概念佛の研究:玉城康四郎博士還暦記念論集 通号 1977-11-30 609-622(R)詳細
松本 照敬 (訳)『シャラナーガティガディヤ』成田山仏教研究所紀要 通号 8 1984-12-25 41-62(L)詳細
西尾 秀生 (著)クリシュナ像の変猊東方 通号 2 1986-11-17 112-118(L)詳細
松涛 誠達 (著)プラーナ文献における人間観東洋における人間観 通号 1987-02 83-96詳細
大桑 斉 (著)15,16世紀宗教化状況における神観念仏教史学研究 通号 1988-06-30 47-69詳細
斎藤 昭俊 (著)オラーオーンの宗教佛教文化論集:川崎大師教学研究所研究紀要 通号 5 1988-09-21 311-410詳細
徳永 宗雄 (著)バクティインド思想3 / 岩波講座東洋思想 通号 7 1989-08-23 203-235(R)詳細
引田 弘道 (著)最高神の展開説東方学 通号 81 1991-01 144-161(L)詳細
松本 照敬 (著 )ラーマーヌジャ派における最高神の概念伊原照蓮博士古稀記念論文集 通号 1991-08-31 299-315(L)詳細
引田 弘道 (著)松本照敬 ラーマーヌジャの研究宗教研究 通号 290 1991-12-31 120-124(R)詳細
村上 幸三 (著)ヴェーダンタ哲学の最高神比較思想研究 通号 21 1995-03-31 143-146(R)詳細
松原 光法 (著)ヴューハ説とパンチャラートラの初相高野山大学論文集 通号 1996-09-30 49-65(L)詳細
井上 信生 (著)世界の終末と最高神印度学仏教学研究 通号 89 1996-12-20 37-41(L)詳細
上村 勝彦 (著)インドの宗教と日本人東方 通号 12 1996-12-31 18-34(L)詳細
徳永 宗雄 (著)ラーマーヤナとヒンドゥー教ラーマーヤナの宇宙――伝承と民族造形 通号 1998-01 49-56(R)詳細
安藤 充 (著)バリ・ヒンドゥーの最高神の系譜印度学仏教学研究 通号 92 1998-03-20 42-50(L)詳細
村上 幸三 (著)シャンカラの作品の中の王と最高神宗教研究 通号 315 1998-03-30 222-223(R)詳細
沢井 義次 (著)マドヴァにおける解脱と修行仏教文化の諸相:高木訷元博士古稀記念論集 通号 2000-12-06 437-455詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage