INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 本迹二門 [SAT] [ DDB ] 本迹二门 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
止観 (術語) (...)  本地垂迹 (術語) (...)  一経三段 (術語) (...)  法華 (術語) (...)  二十八品 (術語) (...)  諸法実相 (術語) (...)  浄名玄論略述 (文献) (...)  五時 (術語) (...)  両部不二 (術語) (...)  本迹論 (術語) (...) 
-- 20 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
清水 竜山 (著)祖典中に於ける日本天台大崎学報 通号 31 1913-11-25 2-35(R)詳細
恵谷 隆戒 (著)羅什門下の法華経観叡山学報 通号 2 1930-07 17-48詳細
清水 竜山 (著)仏性論・仏陀論より観たる法華経大崎学報 通号 89 1936-12-30 1-14詳細
渡辺 日宣 (著)法華経に於ける中心観点の移行の問題大崎学報 通号 100 1953-10-13 327-344詳細
望月 歓厚 (著)日蓮聖人と法華思想の連関法華経の思想と文化:法華経研究 通号 1 1965-03-20 623-637(R)詳細
光地 英学 (著)浄土教者の釈尊観宗教研究 通号 186 1965-10-31 75-76(R)詳細
滝 仭幸 (著)我国の神仏習合思想の発生的根拠密教学会報 通号 7 1968-05-15 54-56(R)詳細
宇佐見 文英 (著)天台智顗の法華分科駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 8 1974-03 83-91詳細
斎藤 彦松 (著)法花種子曼荼羅の研究宗教研究 通号 242 1980-02-20 -詳細
武 覚超 (著)宝地房証真の本迹論天台学報 通号 25 1982-11-08 124-129詳細
多田 孝正 (著)縁起と業について天台学報 通号 29 1987-10-23 73-78詳細
善 裕昭 (著)幸西の弥陀本迹二門説について仏教論叢 通号 32 1988-09-10 21-25(R)詳細
硲 慈弘 (著)山寺両門天台の異義と交渉調和密教大系 通号 7 1995-03-30 69-98詳細
窪田 哲正 (著)俊範教学の一考察日蓮教学の諸問題:浅井円道先生古稀記念論文集 通号 1997-02 497-522(R)詳細
伊東 昌彦 (著)智光の浄土教への一考察印度学仏教学研究 通号 110 2006-12-20 206-209詳細あり
布施 義高 (著)本迹論と原始天台章疏法華仏教研究 通号 1 2009-12-13 4-33(R)詳細
朴 昭映 (著)雲默撰『釈迦如来行跡頌』に見られる天台教判についての一考察印度学仏教学研究 通号 119 2009-12-20 164-168(R)詳細
朴 昭映 (著)志磐撰『仏祖統紀』に見られる釈尊観についての一考察印度学仏教学研究 通号 122 2010-12-20 216-220(R)詳細
榎屋 達也 (著)吉蔵の浄土観に関する一考察印度学仏教学研究 通号 135 2015-03-20 226-229(R)詳細あり
水上 文義 (著)円密一致と法華法天台学報 通号 60 2018-10-31 19-27(R)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage