INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 決疑鈔 [SAT] [ DDB ] 决疑鈔 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
良忠 (人物) (...)  法然 (人物) (...)  三代の釈風 (術語) (...)  無量寿経随聞講録 (文献) (...)  無量寿経鈔 (文献) (...)  念声是一論 (術語) (...)  唯信鈔 (文献) (...)  論註 (文献) (...)  散善義観門義鈔 (文献) (...)  然阿良忠 (人物) (...) 
-- 66 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
橋本 進吉 (著)信瑞の浄土三部経音義集に就いて仏書研究 通号 12 1915-08-10 5-6(R)詳細
---- ---- (著)起信論義記教理抄及起信論決疑鈔解題仏書研究 通号 14 1915-11-10 10-12(R)詳細
清浄華院開山の異説に就て仏書研究 通号 19 1916-04-10 10-12(R)詳細
望月 信亨 (著)大乗起信論註釈書(六)仏書研究 通号 21 1916-07-10 1-4(R)詳細
高瀬 承厳 (著)選択本願念仏集板本の種類に就て仏書研究 通号 55 1919-07-20 3-5(R)詳細
望月 信亨 (著)生駒良遍の浄土教義浄土学 通号 7 1934-03-15 13-24詳細
服部 仙順 (著)六大徳相承説について浄土学 通号 8 1934-12-25 136-149詳細
立道上人と其の選択集研究仏教学論叢 通号 1 1936-03 154-168(R)詳細
石井 教道 (著)恵空校合建暦版選択集に就て浄土学 通号 13 1938-08-05 62-67(R)詳細
石井 教道 (著)日本仏教史上に於ける行の展開浄土学 通号 20 1942-12-20 81-97詳細
林 隆碩 (著)三代之釈風浄土学 通号 24 1952-12-15 25-39詳細
藤本 浄彦 (著)浄土教における宗教的主体性の問題(二)仏教論叢 通号 15 1971-03-30 92-95(R)詳細
岸 覚勇 (著)記主禅師の三心論浄土宗学研究 通号 5 1971-03-31 179-219(R)詳細
玉山 成元 (著)浄土宗一条派の確立仏教思想論叢:佐藤博士古希記念 通号 1972-10-09 757-774(L)詳細
金子 寛哉 (著)浄土宗義の表現について仏教論叢 通号 17 1973-03-30 101-104(R)詳細
大谷 旭雄 (著)『逆修説法』の引用と呼称高僧伝の研究:櫛田博士頌寿記念 通号 1973-06-08 297-312詳細
岸 覚勇 (著)浄土宗における「往生」の意義について日本文化と浄土教論攷:井川定慶博士喜寿記念 通号 1974-11 473-482(R)詳細
藤吉 慈海 (著)鈴木正三の法然上人観日本文化と浄土教論攷:井川定慶博士喜寿記念 通号 1974-11 406-416(R)詳細
梯 実円 (著)礼智阿消息の真偽について龍谷教学 通号 10 1975-06-30 48-61詳細
香月 乗光 (著)『選択本願念仏集』とその註疏〔第七巻〕浄土宗典籍研究 通号 1975-08-15 146-187(R)詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage