INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 法勅 [SAT] 法勑 [SAT] 法敕 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
根本説一切有部毘奈耶 (文献) (...)  優婆塞 (術語) (...)  碑文 (文献) (...)  dhamma-lipi (術語) (...)  アショーカ王 (人物) (...)  仏教倫理 (術語) (...)  ダルマ (術語) (...)  阿育王刻文 (文献) (...) 
-- 54 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
辻 直四郎 (著)印度語史の諸問題思想 通号 245 1942-10-05 1-9詳細
中村 元 (著)アショーカ王の教化政策大倉山論集 通号 2 1953-10 1-18詳細
佐々木 教悟 (著)インドに於ける法滅思想について日本仏教学会年報 通号 21 1956-03 15-30詳細
塚本 啓祥 (著)アショーカ刻文における一問題印度学仏教学研究 通号 9 1957-01-25 168-169詳細
塚本 啓祥 (著)インスクリプションと部派印度学仏教学研究 通号 17 1961-01-25 74-82詳細
雲井 昭善 (著)祭祀とブッダの主張仏教学セミナー 通号 2 1965-10-30 18-33詳細
春日井 真也 (著)アショーカ王における証の問題日本仏教学会年報 通号 31 1966-03-31 1-15(L)詳細
塚本 啓祥 (著)Kandahār 出土のAśoka 法勅(その一)印度学仏教学論集:金倉博士古稀記念 通号 1966-10-13 153-166(L)詳細
春日井 真也 (著)アショーカ王法勅解釈の立場仏教論叢 通号 11 1966-12-27 78-80(R)詳細
山崎 元一 (著)マウリヤ王朝時代における仏教の伝播東洋学報 通号 1966-12-31 133-138詳細
小笠原 隆元 (著)アショーカ王碑文と当時の仏教教団の発展駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 1 1967-03 -詳細
宮本 正尊 (著)仏陀の倫理観講座仏教 通号 1 1967-09-25 7-66(R)詳細
塚本 啓祥 (著)Kandahār出土のアショーカ法勅(その二)印度学仏教学研究 通号 35 1969-12-25 28-36(L)詳細
塚本 啓祥 (著)マウリヤ王朝期の社会と仏教日本仏教学会年報 通号 35 1970-03 47-62詳細
宮坂 宥勝 (著)過去七仏の系譜高野山大学論叢 通号 5 1970-03-15 1-29詳細
日野 振作 (著)アショーカ王のダルマの政策について宗教研究 通号 202 1970-03-31 56-57(R)詳細
塚本 啓祥 (著)カウティルヤ『実利論』とアショーカ法勅の関係大崎学報 通号 125/126 1970-07-25 267-298詳細
塚本 啓祥 (著)アショーカ王の七種の法門に関連して仏教研究 通号 1 1970-12-15 29-48詳細
小笠原 隆元 (著)Aśoka王時代の仏教に関する考察印度学仏教学研究 通号 38 1971-03-31 346-349詳細
芳村 修基 (著)仏滅年代論再考宗教研究 通号 206 1971-03-31 113-114(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage