INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 澄憲 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
日本仏教 (分野) (...)  聖覚 (人物) (...)  浄土教 (分野) (...)  言泉集 (文献) (...)  定円 (人物) (...)  真宗教学史 (分野) (...)  保元物語 (文献) (...)  説話文学 (分野) (...)  通仏教 (分野) (...)  仏教文学 (分野) (...) 
-- 42 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
高野 辰之 (著)普通唱導集大正大学々報 通号 12 1932-05-10 21-58詳細
徳沢 竜泉 (著)「弥陀本願義疏」と「弥陀本願義」とに就て龍谷学報 通号 309 1934-06 103-121詳細
村山 修一 (著)言泉集と安居院流龍谷学報 通号 324 1939-03 67-82詳細
櫛田 良洪 (著)金沢文庫蔵安居院流の唱導書について日本仏教史学 通号 4 1942-08-28 47-86詳細
山口 光円 (著)新出「草案集」と安居院流學派仏教文化研究 通号 5 1955-11-10 9-21(R)詳細あり
和多 昭夫 (著); 和多 昭夫 (著)釈迦文院本澄憲「表白集」をめぐって仏教文学研究 通号 1965-04 157-181(R)詳細
関山 和夫 (著)唱導説教の芸能性西山禅林学報 通号 13 1968-03-01 13-18詳細
永井 義憲 (著)仏教文学と金沢文庫金沢文庫研究 通号 172 1970-08 1-9詳細
清水 宥聖 (著)澄憲と説法道高僧伝の研究:櫛田博士頌寿記念 通号 1973-06-08 379-388詳細
宮崎 円遵 (著)中世に於ける唱導と談義本宗学院論輯 通号 27 1976-03-15 97-135詳細
武 覚超 (著)安居院澄憲の浄土教叡山学院研究紀要 通号 1 1978-10-30 104-119(R)詳細
後小路 薫 (著)説話文学に現れた安居院流天台学報 通号 20 1978-11-05 139-142詳細
福原 隆善 (著)澄憲の『往生要集疑問』について印度学仏教学研究 通号 64 1984-03-25 17-22詳細
納冨 常天 (著)金沢文庫本『四十八願釈』について仏教文化論攷:坪井俊映博士頌寿記念 通号 1984-10-02 219-241(R)詳細
山﨑 誠 (著)真福寺蔵「因縁処」について仏教文学 通号 14 1990-03-31 75-87(R)詳細
深川 宣暢 (著)真宗伝道における教義解釈の問題真宗学 通号 88 1993-03-20 20-39詳細
深川 宣暢 (著)真宗伝道における教義解釈の問題真宗学 通号 88 1993-03-20 20-39詳細
小峯 和明 (著)唱導岩波講座 日本文学と仏教 通号 9 1995-03-28 29-54詳細
小野 玄妙 (著)貞慶・澄憲の周辺仏教文学 通号 19 1995-03-31 60-75(R)詳細
末木 文美士 (共著); 山本 真吾 (共著)高山寺本『轉法輪鈔』阿弥陀釈の解説並びに翻刻高山寺典籍文書綜合調査団研究報告論集(平成八年度) 通号 16 1997-03-31 47-61(R)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage