INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 煩悩具足 [SAT] 煩惱具足 [SAT] [ DDB ] 煩悩具𠯁 [SAT] 煩惱具𠯁 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
悪人正機 (術語) (...)  煩悩成就 (術語) (...)  信心 (術語) (...)  宿業 (術語) (...)  虚仮諂偽 (術語) (...)  随惑的構造 (術語) (...)  大無量寿経 (文献) (...)  罪悪深重 (術語) (...)  念仏 (術語) (...)  宗教的悪 (術語) (...) 
-- 25 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
直海 玄洋 (著)親鸞聖人の人間観宗学院論集 通号 40 0001 382-392詳細
霊山 勝海 (著)信における倫理性(昭和三十八年度)宗学院論集 通号 40 0001 433-443詳細
千輪 慧 (著)親鸞とその時代に於ける善と悪真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 4 1959-09-30 65-73詳細
神子上 恵竜 (著)悪人正機説について真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 4 1959-09-30 229-240詳細
寺川 俊昭 (著)かくのごときのわれら親鸞教学 通号 9 1966-11-20 101-111詳細
結城 令聞 (著)浄土教の人間論講座仏教思想 通号 4 1975-07-10 95-126詳細
気多 雅子 (著)浄土教における信について宗教研究 通号 255 1983-03-31 148-149(R)詳細
脇本 平也 (著)いのちをみつめて同朋仏教 通号 18 1984-07-01 185-216(R)詳細
武田 定光 (著)往生と成仏大谷大学大学院研究紀要 通号 2 1985-12-01 39-62詳細
松山 智光 (著)歎異抄第九章の疑問真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 30 1986-01-30 80-93詳細
原 広道 (著)愚禿悲嘆述懐における社会実践の基底龍谷教学 通号 22 1987-02-20 35-38詳細
笠原 一男 (著)親鸞とその思想大乗菩薩の世界:金岡秀友博士還暦記念論文集 通号 1987-07-20 503-516詳細
田原 圭介 (著)親鸞と森田療法宗教研究 通号 287 1991-03-31 153-154(R)詳細
石田 慶和 (著)歎異抄と御文岩波講座 日本文学と仏教 通号 1 1993-11-08 103-126詳細
杉崎 俊夫 (著)罪業の文学仏教文化の展開:大久保良順先生傘寿記念論文集 通号 1994-11-24 1045-1062詳細
杉崎 俊夫 (著)丹羽文雄岩波講座 日本文学と仏教 通号 10 1995-05-29 213-234詳細
藤岳 明信 (著)横超他力親鸞教学 通号 68 1996-09-30 60-78詳細
小武 正教 (著)解放の主体となる「業」理解とは教学研究所紀要 通号 5 1997-03-31 251-298詳細
矢田 了章 (著)悪人正機説における悪人の概念について(四)真宗学 通号 97/98 1998-03-18 215-230詳細
高橋 正已 (著)煩悩具足の衆生と「戒」の論理仏教経済研究 通号 32 2003-05-31 95-115(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage