INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 煩悩論 [SAT] 煩惱論 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
清浄道論 (文献) (...)  教義学研究 (術語) (...)  機根論 (術語) (...)  転識得智 (術語) (...)  法華玄論 (文献) (...)  三惑論 (術語) (...)  十不善行道 (術語) (...)  Kathāvatthu (文献) (...)  歎異抄 (文献) (...)  客塵煩悩 (術語) (...) 
-- 31 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
荻野 円戒 (著)文禄慶長の宗論に就き浄土学 通号 13 1938-08-05 102-115(R)詳細
結城 令聞 (著)仏教の人間観東海仏教 通号 3 1957-10-19 51-60(R)詳細
福原 亮厳 (著)煩悩論の展望仏教学研究 通号 16/17 1959-10-30 40-60詳細
武田 忠 (著)禅の煩悩論宗教研究 通号 194 1968-03-31 136-137(R)詳細
中村 了権 (著)原始仏教における煩悩論印度学仏教学研究 通号 35 1969-12-25 173-176詳細
金児 黙存 (著)煩悩論龍谷教学 通号 8 1973-06-30 126-139詳細
西村 実則 (著)アビダルマにおける不善根仏教論叢 通号 18 1974-11-10 170-175(R)詳細
高崎 直道 (著)客塵煩悩煩悩の研究 通号 1975-09 190-220(R)詳細
池田 練太郎 (著)『倶舎論』随眠品における煩悩論の特質仏教学 通号 7 1979-01 119-140詳細
三友 健容 (著)天台教学における三惑論形成の一考察法華経の文化と基盤:法華経研究 通号 9 1982-02 -詳細
池田 練成 (著)『入阿毘達磨論』の煩悩論曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 14 1982-07-30 48-70(L)詳細
池田 練太郎 (著)南伝Abhidhamma仏教の煩悩論印度学仏教学研究 通号 62 1983-03-25 104-107(L)詳細
池田 練成 (著)Kathāvatthuにおける煩悩論曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 15 1983-08-30 18-38(L)詳細
水野 弘元 (著)原始仏教における心仏教思想 通号 9 1984-10-20 109-144詳細
池田 練成 (著)『成実論』における煩悩論の構造曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 16 1984-12-05 68-82(R)詳細
遠藤 信一 (著)『解脱道論』における煩悩論について印度学仏教学研究 通号 97 2000-12-20 55-58(L)詳細
遠藤 信一 (著)『解脱道論』における修行道について東洋学研究 通号 38 2001-03-30 69-79(L)詳細
西山 康光 (著)随眠の相応と不相応について駒沢大学仏教学部論集 通号 32 2001-10-30 83-95(L)詳細あり
吉元 信行 (著)西村実則著『アビダルマ教学 倶舎論の煩悩論』仏教学セミナー 通号 75 2002-05-30 71-77詳細
大塚 伸夫 (著)頼瑜僧正の即身成仏思想について新義真言教学の研究:頼瑜僧正七百年御遠忌記念論集 通号 2002-10 73-96詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage