INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 煩悩 [SAT] 煩惱 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
(術語) (...)  随眠 (術語) (...)  念仏 (術語) (...) (術語) (...)  無明 (術語) (...)  仏祖 (術語) (...)  kleśa (術語) (...)  涅槃 (術語) (...)  随煩悩 (術語) (...)  悪人正機 (術語) (...) 
-- 437 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
種田 哲也 (著)浄土真宗に於ける信仰の宗教的真実性宗学院論集 通号 40 0001 116-142詳細
直海 玄洋 (著)親鸞聖人の人間観宗学院論集 通号 40 0001 382-392詳細
柳父 正信 (著)真宗における仏性論の一考察(昭和三十八年度)宗学院論集 通号 40 0001 421-432詳細
霊山 勝海 (著)信における倫理性(昭和三十八年度)宗学院論集 通号 40 0001 433-443詳細
谷山ヶ丘より大崎学報 通号 35 1914-07-15 72-73(R)詳細
和賀 周道 (著)文化の基礎としての宗教智山学報 通号 10 1922-06-25 57-65(R)詳細
松永 有見 (著)日本仏教史上に於ける大徳の位置密教研究 通号 10 1922-11-10 73-92(R)詳細
上田 天瑞 (著)如実知自心論密教研究 通号 11 1923-06-25 1-42詳細
日置 即全 (著)煩悩と菩提に就て叡山宗教 通号 1924-03 -詳細
小笠原 秀実 (著)体系としての心、序説禅学研究 通号 9 1929-03-28 1-36(L)詳細
松添 勤成 (著)佛性考察の一視點駒沢大学仏教学会年報 通号 1 1931-02-28 175-183(R)詳細
大山 公淳 (著)灌頂に就いて密教研究 通号 59 1936-05-31 77-86詳細
増永 霊鳳 (著)仏教心性論に於ける浄染の問題駒沢大学仏教学会年報 通号 1936-12-10 107-133詳細
富貴原 章信 (著)唯識説に於ける執障の問題大谷学報 通号 67 1937-07-15 107-131(R)詳細
荻野 円戒 (著)文禄慶長の宗論に就き浄土学 通号 13 1938-08-05 102-115(R)詳細
高千穂 徹乗 (著)転悪成善益顕真学報 通号 20 1938-11-30 18-28(L)詳細
富貴原 章真 (著)十七条憲法に於ける仏教思想大谷学報 通号 87 1942-05-20 35-53(R)詳細
神代 峻道 (著)真言行記三題密教研究 通号 82 1942-09-20 1-27詳細
松涛 誠廉 (著)耆那教に現れたる十二因縁類型仏教論叢 通号 1 1947-11-20 76-78(R)詳細
野沢 静証 (著)安慧造 唯識三十頌釈 調伏天造 唯識三十頌釈疏(四)密教文化 通号 9/10 1950-05-20 37-58(R)詳細
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage