INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 理惑論 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
弘明集 (文献) (...)  涅槃経 (文献) (...)  喩道論 (文献) (...)  華厳経 (文献) (...)  孝経 (文献) (...)  本論 (文献) (...)  宗教史実 (術語) (...)  周続之 (人物) (...)  交趾 (術語) (...)  士燮 (人物) (...) 
-- 45 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
常盤 大定 (著)漢明求法説の研究東洋学報 通号 1920-05-12 112-127詳細
塚本 量遠 (著)支那宗教史実に於ける神滅不の論争並びに其の民族的批判(一)仏教学雑誌 通号 1920-06-10 27-34(R)詳細
久保田 量遠 (著)仏儒両典に顕はれたる二教調和論の精究(一)仏教学雑誌 通号 1921-01-10 23-33(R)詳細
久保田 量遠 (著)仏教伝来初期に於ける支那三教の史的交渉に就いて大正大学々報 通号 4 1928-11-20 50-86詳細
遠藤 輝雄 (著)牟子理惑論考顕真学報 通号 7 1932-03-30 117-126(L)詳細
福井 康順 (著)牟子の研究東洋思想研究 通号 2 1938-11-20 143-231詳細
久保田 量遠 (著)後漢牟子の理惑論の述作年代に就いて大正大学々報 通号 30 1940-03-10 119-130詳細
福井 康順 (著)牟子の研究(上)仏教史学 通号 1951-05-30 1-16(R)詳細
福井 康順 (著)牟子の研究(下)仏教史学 通号 1951-09-30 1-14(R)詳細
野上 ---- (著)道教の基礎的研究 福井康順著仏教史学 通号 12 1953-12-30 61-62(R)詳細
塚本 善隆 (著)訳注 魏書釈老志(二)仏教文化研究 通号 8 1959-03-31 61-76(R)詳細あり
道端 良秀 (著)中国仏教における禍福の問題印度学仏教学研究 通号 21 1963-01-15 123-129詳細
西 順蔵 (著)仏教と中国思想講座仏教 通号 4 1967-10-25 165-204(R)詳細
木村 清孝 (著)中国仏教における孝倫理の受容過程東方学 通号 39 1970-03 114-125(R)詳細
木村 清孝 (著)理惑論のブッダ像宗教研究 通号 206 1971-03-31 119-120(R)詳細
木村 宣彰 (著)業報説の受容と神滅不滅仏教学セミナー 通号 20 1974-10-31 285-302(R)詳細
川本 邦衛 (著)「理惑論」の序伝について慶応義塾大学言語文化研究所紀要 通号 7 1975-12-25 23-39詳細
木村 清孝 (著)「道徳」的仏身観について宗教研究 通号 226 1976-03-10 62-63(R)詳細
川本 邦衛 (著)ヴェトナムの仏教東アジア諸地域の仏教――漢字文化圏の国々 / アジア仏教史 通号 10 1976-03-20 223-303(R)詳細
中嶋 隆蔵 (著)後漢より六朝初期に至る真偽観の変遷日本文化研究所研究報告 通号 12 1976-03-25 81-100詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage