INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 自利利他 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
仏身論 (術語) (...)  本願 (術語) (...)  慈悲 (術語) (...)  菩薩道 (術語) (...)  善因楽果 (術語) (...)  他力門哲学 (術語) (...)  道元 (人物) (...)  中道 (術語) (...)  行為理論 (術語) (...)  重層化 (術語) (...) 
-- 76 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
伊藤 智源 (著)浄土宗義と倫理仏教論叢 通号 1 1947-11-20 90-90(R)詳細
藤吉 慈海 (著)仏典を読む意味仏教論叢 通号 1 1947-11-20 84-84(R)詳細
二村 竜華 (著)浄土論に於ける自利利他の問題大谷学報 通号 143 1959-12-15 1-15詳細
安田 理深 (著)ことばの魂親鸞教学 通号 10 1967-07-01 35-47詳細
伊藤 正穏 (著)法然念仏の真理表現について仏教論叢 通号 13 1969-03-30 87-91(R)詳細
斎藤 昭俊 (共著); 村主 恵快 (共著); 大山 公淳 (共著); 権田 快寿 (共著)真言事相の現代的意義密教学研究 通号 4 1972-03-21 185-202(R)詳細
藤吉 慈海 (著)大乗仏教の教えるもの(一)禅文化 通号 67 1972-12-15 40-46(R)詳細
北畠 利親 (著)スフレーカにおける竜樹の浄土教龍谷教学 通号 10 1975-06-30 90-103詳細
篠田 竜雄 (著)論註の展開価値宗学院論輯 通号 9 1976-02-15 60-93詳細
上杉 豊明 (著)dhammānudhammapaṭipattiについて仏教学セミナー 通号 23 1976-05-30 39-54(R)詳細
玉城 康四郎 (著)般若波羅蜜多の種々相宗教研究 通号 230 1976-12 123-125詳細
安田 理深 (著)信仰と自律(二)親鸞教学 通号 30 1977-07-10 61-78詳細
船岡 誠 (著)道元禅師における自利利他の論理構造と冥合の論理宗学研究 通号 21 1979-03-31 161-166(R)詳細
皆川 広義 (著)四諦説をふまえた現代的説示法について教化研修 通号 22 1979-03-31 13-22(R)詳細
幸城 勇猛 (著)十住毘婆沙論における必定菩薩への道龍谷教学 通号 15 1980-06-30 35-46詳細
井上 善右衛門 (著)徳と福の一致に関する東西の思想比較思想研究 通号 7 1980-12-20 65-73(R)詳細
五十嵐 明宝 (著)妙好人と菩薩思想菩薩思想:西義雄博士頌寿記念論集 通号 1981-05-11 467-488詳細
藤谷 大円 (著)宗祖用語の二、三について(十)真宗教学研究 通号 5 1981-11-23 79-88詳細
平川 彰 (著)大乗経典の成立東洋学術研究 通号 106 1984-05 109-123(R)詳細
泉 浩洋 (著)伝道に於ける自利利他の考察叡山学院研究紀要 通号 8 1985-10-31 41-52(R)詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage