INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 自証 [SAT] 自證 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
化他 (術語) (...)  成仏 (術語) (...)  Pramāṇavārttika (文献) (...)  至心信楽の願 (術語) (...)  三一問答 (術語) (...)  菩提心 (術語) (...)  他化 (術語) (...)  分別知 (術語) (...)  法称 (人物) (...)  智見 (術語) (...) 
-- 84 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
釈 覚円 (著)法相宗の一切唯識論大崎学報 通号 7 1907-12-31 23-27(R)詳細
杉 紫朗 (著)真宗の救済論顕真学報 通号 12 1934-01-10 170-175(L)詳細
石田 充之 (著)密教系浄土願生者静遍僧都の浄土教的立場龍谷大学論集 通号 336 1949-02-10 36-62詳細
川田 熊太郎 (著)自証と自己認識哲学雑誌 通号 709 1951-03-30 39-57詳細
高峯 了州 (著)法住智と涅槃智仏教学研究 通号 5 1951-06-15 70-71(R)詳細
武邑 尚邦 (著)陳那の唯識説印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 255-259詳細
上田 義文 (著)陳那と法称とにおける自証について東海仏教 通号 1 1955-06-30 2-10詳細
堤 玄立 (著)信と証真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 1 1955-10-10 105-113詳細
稲垣 真哲 (1)十通及びその大師自証の十念について西山禅林学報 通号 5 1959-11 1-10詳細
金岡 秀友 (著)シャーンティデーヴァの神秘主義宗教研究 通号 166 1961-01-15 26-26(R)詳細
光地 英学 (著)道元禅の仏土思想印度学仏教学研究 通号 18 1961-03-31 229-232詳細
菅沼 晃 (著)on self-cognition(svasaṃvedana) in the Tattvasaṃgraha印度学仏教学研究 通号 22 1963-03-31 68-73(L)詳細
曽我 量深 (著)法蔵菩薩仏教 / 現代日本思想大系 通号 7 1965-05-25 259-286(R)詳細
山田 霊林 (著)内観自証教化研修 通号 9 1966-06-20 4-5(R)詳細
布施 正大 (著)真言教理史上の曇寂について智山学報 通号 30 1967-03-31 1-14(R)詳細
太田 心海 (著)プラジュニャーカラマティの唯識説批判印度学仏教学研究 通号 31 1967-12-25 198-204詳細
戸崎 宏正 (著)仏教論理学説と経量部説(5)印度学仏教学研究 通号 33 1968-12-25 70-73詳細
渡辺 宝陽 (著)日蓮聖人の人間像講座日蓮 通号 2 1972-05-20 204-223(R)詳細
寺川 俊昭 (著)願生の仏道親鸞教学 通号 21 1972-12-20 211-230詳細
坪井 俊映 (著)法然浄土教における選択本願念仏説の自証と組成について仏教大学大学院研究紀要 通号 3 1973-03-30 73-97詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage