INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 解脱房貞慶 [SAT] 解脱房貞慶 解脫房貞慶

検索対象: すべて

-- 14 件ヒット
関連キーワード(共起数上位10件・括弧内数字は共起数/キーワード登場数。なお、このリストには検索語も含む):
日本 (14 / 69022)  解脱房貞慶 (12 / 12)  日本仏教 (10 / 35294)  法然 (5 / 5275)  興福寺奏状 (5 / 138)  安養報化 (2 / 10)  心要鈔 (2 / 22)  法相宗 (2 / 531)  法華経 (2 / 4482)  浄土宗 (2 / 3989)  [30件まで表示]
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文INBUDS IDCI
都守基一霊山浄土信仰の系譜日蓮教学研究所紀要 通号 15 1988-03-10 23-51(R)詳細IB00023907A-
金子寛哉『群疑論』の「是心作仏」釈をめぐって印度學佛敎學硏究 通号 78 1991-03-20 192-197詳細ありIB00007564A
一楽真親鸞にとっての『興福寺奏状』眞宗研究:眞宗連合學會研究紀要 通号 35 1991-03-30 14-26(R)詳細IB00216543A
楠淳證貞慶の安養説に関する一考察眞宗硏究:眞宗連合學會研究紀要 通号 41 1997-01-10 55-69(R)詳細IB00217766A
池見澄隆〈墓〉をめぐる理念と作法季刊仏教 通号 38 1997-01-20 164-169(R)詳細IB00231823A
苫米地誠一解脱房貞慶の『観音講式』について智山学報 通号 61 1998-03-31 143-180(R)詳細IB00133700A-
グュルベルクニールス解脱房貞慶と後鳥羽院中世文学の展開と仏教 通号 61 2000-10-22 426-451(R)詳細IB00080676A-
楠淳證唯識論尋思鈔における仏果障義と成唯識論同学鈔龍谷大学論集 通号 463 2004-01-30 48-85詳細IB00056989A-
苫米地誠一解脱房貞慶と興福寺真言宗インド学諸思想とその周延:仏教文化学会十周年北條賢三博士古稀記念論文集 通号 463 2004-06-03 683-703(R)詳細IB00080226A
楠淳証仏教古文献における唯心思想の総合的研究(1)龍谷大学佛教文化研究所紀要 通号 44 2005-11-30 1-2(R)詳細IB00148062A-
下間一頼遁世の論理と地域社会日本仏教史における「仏」と「神」の間 / 龍谷大学仏教文化研究叢書 通号 21 2008-03-31 84-107(R)詳細IB00201419A
ReppMartinEconomic Impacts of Hōnen's Pure Land Teaching親鸞浄土教の研究 / 真宗学論叢 通号 10 2009-06-20 31-61(L)詳細IB00224448A
楠淳證龍谷大学図書館禿氏文庫蔵『興福寺奏達状』について典籍と史料 / 龍谷大学佛教文化研究叢書 通号 28 2011-11-10 301-360(R)詳細IB00203833A
--------楠淳証・新倉和文著『貞慶撰『観世音菩薩感應抄』の研究』淨土學 通号 58 2021-06-30 181-182(R)詳細IB00227645A
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage