INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 遍路道 [SAT] 遍路道

検索対象: すべて

-- 16 件ヒット
関連キーワード(共起数上位10件・括弧内数字は共起数/キーワード登場数。なお、このリストには検索語も含む):
日本 (13 / 57868)  四国遍路 (8 / 83)  四国遍路道指南 (8 / 8)  日本仏教 (7 / 28962)  四国 (5 / 74)  真念 (5 / 11)  遍路道 (5 / 5)  密教 (4 / 2364)  巡礼 (4 / 109)  四国遍路日記 (3 / 11)  [30件まで表示]
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文INBUDS IDCI
真野俊和四国遍路の行者とその宗教活動日本宗教の複合的構造 通号 1978-07-01 83-108(R)詳細IB00054557A-
新城常三近世の遍路と接待密教大系 通号 8 1995-03-30 200-232詳細IB00055612A-
川田裕史 遍路道踏査講座日本の巡礼 通号 2 1996-08-20 109-118(R)詳細IB00052036A-
川田裕史 香川県下の遍路道踏査講座日本の巡礼 通号 2 1996-08-20 119-129(R)詳細IB00136776A-
西村恵信三余居窓話(十三)禅文化 通号 163 1997-01-25 83-88(R)詳細IB00077119A-
長田攻一現代「遍路道」と遍路の多様化の意味善通寺教学振興会紀要 通号 6 1999-12-21 86-105詳細IB00039904A-
星野英紀ご利益の道から悟りの道へ仏教文化の基調と展開:石上善應教授古稀記念論文集 通号 2 2001-05-10 605-620(R)詳細IB00044052A
宮家準民俗宗教としての四国遍路新義真言教学の研究:頼瑜僧正七百年御遠忌記念論集 通号 2 2002-10-01 1111-1134詳細IB00048880A-
星野英紀現代四国遍路と接待新義真言教学の研究:頼瑜僧正七百年御遠忌記念論集 通号 2 2002-10-01 1097-1110詳細IB00048879A-
山陰加春夫頼富本宏・白木利幸著『日文研叢書二三 四国遍路の研究』密教学研究 通号 35 2003-03-20 153-157(R)詳細IB00090566A-
星野英紀現代歩き遍路の特徴とその受容仏教思想の受容と展開:宮林昭彦教授古稀記念論文集 通号 2 2004-02-13 21-38(R)詳細IB00073995A-
松尾剛次四国遍路の成立と四国遍路絵図日本仏教綜合研究 通号 3 2004-05-31 17-35(R)詳細IB00110041A-
小川慈祐宗教とツーリズム佛教論叢 通号 55 2011-03-25 313-319(R)詳細ありIB00111692A-
柴谷宗叔澄禅『四国辺路日記』の足取りの検証善通寺教学振興会紀要 通号 16 2011-03-27 179-217(R)詳細IB00157946A-
柴谷宗叔江戸時代前期の遍路道再現宗教研究 通号 375 2013-03-30 374-376(R)詳細IB00121827A-
柴谷宗叔江戸時代前期の四国遍路道再現印度学仏教学研究 通号 131 2013-12-20 236-241(R)詳細ありIB00134166A-
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage