INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 遺教経 [SAT] 遺教經 [SAT] [ DDB ] 遺敎経 [SAT] 遺敎經 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
曹洞宗 (分野) (...)  涅槃経 (文献) (...)  禅苑清規 (文献) (...)  太上法皇御受戒記 (文献) (...)  西宮記 (文献) (...) (術語) (...)  食生活 (術語) (...)  正法眼蔵行持 (文献) (...)  伝道板 (術語) (...)  雑宝蔵経 (文献) (...) 
-- 61 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
望月 信亨 (著)大乗起信論支那撰述考仏書研究 通号 49 1919-01-01 2-10(R)詳細
境野 黄洋 (著)「仏遺教経」と「仏所行讃」について思想 通号 79 1928-05-01 189-204詳細
伊藤 古鑑 (著)禅と戒とについて禅学研究 通号 50 1960-02-20 1-26(L)詳細
大石 守雄 (著)清規にあらわれた年中行事禅学研究 通号 50 1960-02-20 178-184(L)詳細
道端 良秀 (著)中国仏教と奴隷の問題仏教史学論集:塚本博士頌寿記念 通号 1961-02-08 764-783(R)詳細
本城 正和 (著)寺院子弟の逃避意識教化研修 通号 5 1962-02-15 112-118(R)詳細
田中 良昭 (著)道信禅の研究駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 22 1964-03-15 144-159詳細
吉田 大進 (著)宋代における南宗禅の勢力伸張に見られる一要因について東洋大学大学院紀要 通号 2 1965-09-01 169-180詳細
山内 舜雄 (著)禅門における遺教経の地位宗学研究 通号 10 1968-03-31 24-37(R)詳細
紫藤 隆教 (著)助正論の一考察龍谷教学 通号 3 1968-07-10 81-85詳細
榑林 皓堂 (著)禅の食生活について仏教経済研究 通号 1 1968-07-20 19-42(R)詳細
原田 憲雄 (著)川上之歎禅と東洋思想の諸問題 通号 1970-10-20 31-48詳細
松原 泰道 (著)参・西国巡礼歌(九)禅文化 通号 66 1972-09-15 19-24(R)詳細
笠森 伝繁 (著)少欲知足について仏教経済研究 通号 4 1972-12-01 33-39(R)詳細
小川 達道 (著)歌と仏教経済仏教経済研究 通号 5 1973-03-31 3-19(R)詳細
北村 大栄 (著)新訳聖典について教化研修 通号 16 1973-03-31 115-117(R)詳細
山内 舜雄 (著)『遺教経論住法記』の考察(II)駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 32 1974-03-25 15-42詳細あり
佐藤 密雄 (著)出家戒と比丘戒日本文化と浄土教論攷:井川定慶博士喜寿記念 通号 1974-11 800-814(R)詳細
山内 舜雄 (著)『仏遺教経論疏節要』の考察駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 33 1975-03-25 1-21詳細
泰本 融 (著)涅槃の諸相佛の研究:玉城康四郎博士還暦記念論集 通号 1977-11-30 217-226詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage