INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 随煩悩 [SAT] 随煩惱 [SAT] 隨煩悩 [SAT] 隨煩惱 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
根本煩悩 (術語) (...)  煩悩 (術語) (...)  汚染法 (術語) (...)  九十八随眠 (術語) (...)  心は浄潔 (術語) (...)  五蓋 (術語) (...)  瑜伽論 (文献) (...)  大煩悩地法 (術語) (...)  kleśa (術語) (...)  upakleśa (術語) (...) 
-- 22 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
坂本 幸男 (著)心性論展開の一断面印度学仏教学研究 通号 3 1953-09-30 20-29詳細
水野 弘元 (著)心性本浄の意味印度学仏教学研究 通号 40 1972-03-31 8-16詳細
池田 練太郎 (著)倶舎論随眠品の構造印度学仏教学研究 通号 51 1977-12-31 140-141詳細
西村 実則 (著)有部の法体系における煩悩大正大学綜合仏教研究所年報 通号 1 1979-05-30 47-66(R)詳細
清水 海隆 (著)『瑜伽師地論』における心所説の一考察印度学仏教学研究 通号 55 1979-12-31 162-163詳細
西村 実則 (著)小煩悩地法考印度学仏教学研究 通号 56 1980-03-31 212-215詳細
末木 康弘 (著)瑜伽論における随煩悩について印度学仏教学研究 通号 58 1981-03-31 67-69(L)詳細
池田 練成 (著)『大乗百法明門論』チベット訳について曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 13 1981-07-05 1-21(L)詳細
池田 練成 (著)『成実論』における煩悩論の構造曹洞宗研究員研究生研究紀要 通号 16 1984-12-05 68-82(R)詳細
金子 大栄 (著)真言と解釈(14)親鸞教学 通号 46 1985-07-10 99-114詳細
池田 練太郎 (著)『倶舎論』にみられる二種類の煩悩説駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 44 1986-03-31 399-417(L)詳細あり
西村 実則 (著)『アビダルマディーパ』第五章の考察印度学仏教学研究 通号 71 1987-12-25 36-41詳細
相馬 一意 (著)菩薩地の随煩悩(upakleśa)について印度学仏教学研究 通号 72 1988-03-25 344-351詳細
西村 実則 (著)『法蘊論』「雑事品」の性格宗教研究 通号 279 1989-03-31 182-184(R)詳細
西村 実則 (著)『倶舎論』にみる「煩悩」「随眠」「随煩悩」印度学仏教学研究 通号 76 1990-03-20 268-274詳細
車 承厚 (著)『大乗阿毘達磨集論』と『倶舎論』に見る有余師仏教大学大学院紀要 通号 22 1994-03-11 40-57(L)詳細
西村 実則 (著)『法蘊足論』と『ラトナーバリー』三康文化研究所年報 通号 28 1996-03-30 61-112詳細
ターナヴットー ビック (著)ニカーヤにおける八聖道と三学系統の修行道インド哲学仏教学研究 通号 4 1996-12-20 3-15(L)詳細あり
Muller Charles (著)On Wŏnhyo's Ijangŭi (二障義)韓國佛敎學SEMINAR 通号 8 2000-07-20 322-336(L)詳細あり
タン ソウチャイ (著)説一切有部における upakleśa・kleśa・paryavasthāna の関係仏教文化研究論集 通号 5 2001-03-20 74-98(L)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage