INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 霊潤 [SAT] 靈潤 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
神泰 (人物) (...)  慧遠 (人物) (...)  吉蔵 (人物) (...)  道基 (人物) (...)  摂大乗論釈 (文献) (...)  円測 (人物) (...)  道倫 (人物) (...)  中国仏教 (分野) (...)  法相宗 (分野) (...)  澄観 (人物) (...) 
-- 19 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
佐藤 心岳 (著)唐代における『維摩経』の研究講説印度学仏教学研究 通号 38 1971-03-31 308-312詳細
富貴原 章信 (著)霊潤神泰の仏性論争について同朋仏教 通号 5 1973-11-01 57-71(R)詳細
田村 晃祐 (著)最澄『法華秀句』について東洋学論叢 通号 5 1980-03-30 26-69詳細
『法相了義灯』徳一論叢 通号 1986-12-22 305-307(R)詳細
薗田 香融 (著)奈良時代の瑜伽唯識学派について徳一論叢 通号 1986-12-22 391-445(R)詳細
田村 晃祐 (著)『遮異見章』徳一論叢 通号 1986-12-22 297-304(R)詳細
田村 晃祐 (著)最澄『法華秀句』徳一論叢 通号 1986-12-22 329-333(R)詳細
田村 晃祐 (著)仏性論争東アジアの仏教 / 岩波講座東洋思想 通号 12 1988-06-15 241-259(R)詳細
Rhodes RobertF (著)A Controversy over the Buddha-nature in T'ang China大谷学報 通号 279 1994-04-30 1-24(L)詳細
吉村 誠 (著)唐初期における五姓各別説について日本仏教学会年報 通号 65 2000-03 179-196詳細
薗田 香融 (著)奈良時代の瑜伽唯識学派について「大乗起信論」の研究 通号 2000-08-25 185-243(R)詳細
吉村 誠 (著)真諦訳『摂大乗論』の受容について印度学仏教学研究 通号 98 2001-03-20 229-232詳細
吉村 誠 (著)唯識学派の理行二仏性説について東洋の思想と宗教 通号 19 2002-03-25 21-47(R)詳細
張 文良 (著)『演義鈔』に見られる法宝著『涅槃経疏』東アジア仏教研究 通号 3 2005-05-31 45-57(L)詳細
吉村 誠 (著)唐初期の唯識学派と仏性論争駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 67 2009-03-31 35-49(L)詳細
吉村 誠 (著)摂論学派の三性三無性説駒沢大学仏教学部論集 通号 40 2009-12-08 35-55(R)詳細
小野嶋 祥雄 (著)法宝と法蔵の著作間における一致について龍谷大学大学院文学研究科紀要 通号 32 2010-12-27 31-47(R)詳細
伊藤 尚徳 (著)唐初仏性論諍の再考察仏教学 通号 54 2013-03-20 19-39(R)詳細
小野嶋 祥雄 (著)法宝撰『一乗仏性究竟論』の研究龍谷大学大学院文学研究科紀要 通号 35 2013-12-25 193-200(R)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage