INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 静谷正雄 [SAT] 靜谷正雄 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
香樹院徳竜 (人物) (...)  曇鸞 (人物) (...)  田村芳朗 (人物) (...)  藤田宏達 (人物) (...)  梶山雄一 (人物) (...)  論事 (文献) (...)  インド学 (分野) (...)  玄奘 (人物) (...)  長尾雅人 (人物) (...)  稲葉正就 (人物) (...) 
-- 44 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
静谷 正雄 (著)金光明経『業障滅品』の成立に就て龍谷学報 通号 328 1940-07 81-97詳細
静谷 正雄 (著)扶南仏教考支那仏教史学 通号 1942-12-30 12-37詳細
静谷 正雄 (著)南方仏教に関する研究の展望支那仏教史学 通号 1943-08-15 37-49詳細
静谷 正雄 (著)婆沙の覚天に就いて仏教史学 通号 1951-05-30 16(R)詳細
静谷 正雄 (著)南天竺に於ける竜樹の遺跡龍谷大学論集 通号 341 1951-06-15 75-90詳細
静谷 正雄 (著)南天竺に於ける龍樹の遺蹟仏教学研究 通号 5 1951-06-15 77-78(R)詳細
静谷 正雄 (著)婆沙の覚天に就いて仏教史学 通号 1952-01-30 31-39(R)詳細
静谷 正雄 (著)ギリシャ・サカ・パルティア・クシャーナ時代の印度仏教銘文に就いて仏教学研究 通号 7 1952-10-05 38-53詳細
静谷 正雄 (著)クシャーナ統治下に於けるマトウラーの仏教について仏教史学 通号 11 1953-03-20 13-26(R)詳細
静谷 正雄 (著)インド佛教銘文に見出される Śākyabhikṣu (釋種比丘) なるタイトルについて印度学仏教学研究 通号 2 1953-03-25 104-105詳細あり
静谷 正雄 (著)金石文より見たアーンドラ時代の南インド仏教仏教学研究 通号 8/9 1953-08-15 87-99詳細
学会展望仏教文化研究 通号 3 1953-11-20 7-9(R)詳細
静谷 正雄 (著)法師(dharma-bhāṇaka)について印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 131-132詳細
靜谷 正雄 (著)クシャーナ時代のガンダーラの仏教について仏教史学 通号 14 1955-03-30 18-29(R)詳細
静谷 正雄 (著)カニシカ王と有部印度学仏教学研究 通号 6 1955-03-30 277-280詳細
静谷 正雄 (著)本生経類の思想史的研究 干潟龍祥著仏教史学 通号 15 1955-08-25 102-104(R)詳細
静谷 正雄 (著)クシャーナ支配下における仏教の社会的基盤印度学仏教学研究 通号 7 1956-01-30 266-269詳細
静谷 正雄 (著)インド仏教教団史仏教史学 通号 1956-08-20 11-16(R)詳細
静谷 正雄 (著)インド仏教美術および碑銘仏教史学 通号 1956-08-20 16-20(R)詳細
静谷 正雄 (著)初期の大乗教団について印度学仏教学研究 通号 10 1957-03-30 101-109詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage