INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 高弁 [SAT] 高辯 [SAT] [ DDB ] 髙弁 [SAT] 髙辯 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
明恵 (人物) (...)  親鸞 (人物) (...)  貞慶 (人物) (...)  法然 (人物) (...)  教行信証 (文献) (...)  選択集 (文献) (...)  摧邪輪 (文献) (...)  日蓮 (人物) (...)  浄土教 (分野) (...)  善導 (人物) (...) 
-- 105 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
今津 洪岳 (著)華厳小部集解題 其一仏書研究 通号 3 1914-11-10 5-9(R)詳細
井上 右近 (著)戦闘的仏典の溯源的研究仏教研究 通号 3 1920-10-31 134-139(R)詳細
坂田 良弘 (著)鎮西聖光上人の念仏三昧論浄土学 通号 2 1931-02-10 62-72詳細
玉置 韜晃 (著)菩提心禅学研究 通号 20 1933-11-01 33-58(L)詳細
宮崎 円遵 (著)鎌倉時代仏教徒の護国運動龍谷学報 通号 329 1940-12 152-169詳細
亀川 教信 (著)支那華厳宗伝統と李通玄の立場日華仏教研究会年報 通号 6 1943-09-10 18-39詳細
角田 春雄 (著)明恵上人の禅印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 180-181詳細
小林 実玄 (著); 石田 瑞麿 (著)戒律復興と貞慶・高弁仏教学研究 通号 10/11 1955-01-20 102-114詳細
加藤 仏眼 (著)『教行信証』の書かしめたもの龍谷大学論集 通号 353 1956-10-15 129-140詳細
山崎 慶輝 (著)南都仏教における弥勒信仰の意義龍谷大学論集 通号 353 1956-10-15 301-310詳細
渡辺 照宏 (著)『日本浄土教成立史の研究』を読む思想 通号 391 1957-01-05 128-132詳細
田中 久夫 (著)三宝礼拝に関する明恵の消息金沢文庫研究 通号 56 1960-05 4-6詳細
石田 充之 (著)選択集に対する摧邪輪の批判精神日本仏教学会年報 通号 26 1961-03 257-詳細
山崎 慶輝 (著)「法相心要鈔」における念仏義仏教学研究 通号 18/19 1961-10-01 115-137詳細
上原 信矣 (著)明恵上人高弁の末法観印度学仏教学研究 通号 21 1963-01-15 156-157詳細
加藤 仏眼 (著)念声是一釈の点晴龍谷大学論集 通号 375 1964-02-20 1-30詳細
上原 信矣 (著)明恵上人高弁の宗教活動印度学仏教学研究 通号 24 1964-03-31 130-131詳細
石田 充之 (著)教行信証における「真仏弟子釈」の宗教思想史的意義龍谷大学論集 通号 376 1964-07-01 1-20詳細
宴曲の素材としての仏教仏教文学研究 通号 1966-06 221-259(R)詳細
紅楳 英顕 (著)選択集に対する摧邪輪の反論と門下の展開龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 7 1968-05-25 122-125詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage