INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 2C [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
インド (地域) (...)  アビダルマ (分野) (...)  3C (時代) (...)  スリランカ (地域) (...)  セイロン仏教 (分野) (...) 
-- 104 件ヒット
1 2 3 4 5 6
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
里見 泰穏 (著)中論に於ける論理の性格望月歓厚先生古稀記念論文集 通号 1951-11 122-133(R)詳細
大類 純 (著)バーマハとダンディンをめぐりて東洋大学紀要 通号 10 1957-04-30 25-34詳細
石田 充之 (著)南都浄土教の教学史的意義南都仏教 通号 4 1957-12-30 1-9詳細
田中 順照 (著)空と識南都仏教 通号 4 1957-12-30 10-15詳細
西 義雄 (著)The Concept and Practice of the Bodhisattva WayTŌYŌ UNIVERSITY ASIAN STUDIES 通号 1 1961-01 57-71詳細
早島 鏡正 (著)Dialogue Relating to Ātman and Anātman in“Milindapañhā”TŌYŌ UNIVERSITY ASIAN STUDIES 通号 1 1961-01 7-13詳細
西 義雄 (著)On the BodhisattvaTŌYŌ UNIVERSITY ASIAN STUDIES 通号 2 1964-01 31-49詳細
清水 乞 (著)本尊仏の成立とその意義東洋大学大学院紀要 通号 2 1965-09-01 195-207詳細
西 義雄 (著)原始仏教における人間観東洋学研究 通号 1 1965-11-25 9-27(L)詳細
田中 順照 (著)中論に於ける縁起と因待南都仏教 通号 18 1966-06-30 1-12詳細
栗田 善如 (著)古代インドにおける道東洋学研究 通号 2 1967-08-20 29-37(L)詳細
西 義雄 (著)菩薩の主体的利他行としての活動力の根基東洋学研究 通号 3 1969-03-20 1-13詳細
河波 昌 (著)神話と歴史に関する一考察東洋学研究 通号 4 1970-03-20 83-96詳細
江島 恵教 (著)Bhāvaviveka研究東洋文化研究所紀要 通号 51 1970-03-28 39-(L)詳細
菅沼 晃 (著)五法説の研究東洋大学紀要 通号 24 1970-12-20 31-48詳細
大下 一真 (著)中国の禅籍にあらわれた詩歌の研究駒沢大学仏教学部論集 通号 1 1971-03 139-148詳細
桜井 秀雄 (著)今枝愛真著『中世禅宗史の研究』駒沢大学仏教学部論集 通号 1 1971-03 150-151詳細
河村 孝照 (著)彙報「ガンダーラ調査略報告」東洋学研究 通号 5 1971-03-20 209-211詳細
干潟 竜祥 (著)高田修著『仏像の起源』鈴木学術財団研究年報 通号 5/6/7 1971-03-31 56-60詳細
干潟 竜祥 (著)高田修著『仏教美術史論考』鈴木学術財団研究年報 通号 5/6/7 1971-03-31 60-65詳細
1 2 3 4 5 6
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage