INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: puñña [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
dāna (術語) (...)  実践道 (術語) (...)  pattidāna (術語) (...)  pariṇāmanā (術語) (...)  宗教生活i観念 (術語) (...)  心の浄化 (術語) (...)  kalyāṇā (術語) (...)  saddhā (術語) (...)  therīgāthā (文献) (...)  gāthā (術語) (...) 
-- 17 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
早島 鏡正 (著)福田思想の発達とその意義宗教研究 通号 124 1951-02-20 22-45詳細
舟橋 一哉 (著)原始仏教における出家道と在家道印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 34-43詳細
佐々木 現順 (著)倫理概念の仏教的分析宗教研究 通号 155 1958-03-31 26-47詳細
沢田 謙照 (著)浄土教の倫理性について仏教論叢 通号 13 1969-03-30 8-13(R)詳細
雲井 昭善 (著)原始仏教における生天説宗教研究 通号 218 1974-03-30 88-90(R)詳細
真柄 和人 (著)Puñña(功徳)について浄土宗学研究 通号 14 1982-03-31 179-208(R)詳細
金 漢益 (著)Suttanipātaに於ける在家信者の宗教生活印度学仏教学研究 通号 69 1986-12-25 97-99(L)詳細
金 漢益(悟震) (著)初期仏教 Gahapati の宗教観念韓國佛敎學SEMINAR 通号 2 1986-12-25 1-11(L)詳細
柏原 信行 (著)南方仏教に於ける弥勒信仰宗教研究 通号 279 1989-03-31 178-179(R)詳細
林 隆嗣 (著)Death and Rebirth in Theravāda Buddhism論集 通号 24 1997-12-31 69-89(L)詳細
池上 要靖 (著)パーリニカーヤにおける paññakkhetta の対象について印度学仏教学研究 通号 92 1998-03-20 122-125(L)詳細
橋本 哲夫 (著)原始仏教における善悪について印度学仏教学研究 通号 95 1999-12-20 85-90(L)詳細
林 隆嗣 (著)Preliminary Notes on Merit Transfer in Theravāda Buddhism論集 通号 26 1999-12-31 29-54(L)詳細
中野 良教 (著)スリランカの仏教にみる善の実践日本仏教学会年報 通号 65 2000-03 1-10(L)詳細
藤本 晃 (著)Pattidāna(福徳の施与)について印度学仏教学研究 通号 100 2002-03-20 103-106(L)詳細
藤本 晃 (著)Meanings of Patti and Pattidāna仏教研究 通号 31 2003-03-30 123-154(L)詳細
加部 富子 (著)Dhammapada 'pāpavagga'に関する一考察印度学仏教学研究 通号 111 2007-03-20 188-191(L)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage