INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

天台学報 (通号: 35)

媒体情報:

媒体名 天台学報
媒体名欧文 TENDAI GAKUHŌ (JOURNAL OF TENDAI BUDDHIST STUDIES)
通号 35
特集・テーマ 平成四年度天台宗教学大会記念号
ISSN 0287-6310
編者 天台学会会長 大久保良順
発行日 1993-10-16
発行者天台学会
発行地東京


収録論文: 31 件

大久保 良順 『天台法華宗牛頭法門要纂』の牛頭法門について天台学報1-8(R)詳細
片岡 義道 宗教(仏教)と自然科学(物理学)の相似性について(承前)天台学報9-14(R)詳細
天納 伝中 『両院僧坊歴代記』の一考察天台学報15-21(R)詳細
福井 文雅 「香讃」試釈天台学報22-28(R)詳細
渡邊 守順 『撰集抄』における天台天台学報29-34(R)詳細
三崎 義泉 世阿弥の「天台妙釈」と本覚思想天台学報35-41(R)詳細
木内 堯央 「火宅之内乗大白牛車」について天台学報42-47(R)詳細
木村 周照 伝述一心戒文の対校天台学報48-53(R)詳細
前田 崇 法曼流『十八道私記』にみられる真言の和訳天台学報54-58(R)詳細
野本 覚成 比叡山『相輪樘銘』と顔真卿筆『千福寺多宝塔碑文』天台学報59-66(R)詳細
水上 文義 『山王一実神道秘録』について天台学報67-72(R)詳細
遠藤 順昭 依憑天台集の跋文について天台学報73-78(R)詳細
千葉 照観 水陸会形成に関わった天台系の学僧天台学報79-82(R)詳細
藤平 寛由 明導照源と廬山寺流義科書『廬談』について天台学報83-87(R)詳細
荒槇 純隆 賓頭廬尊者信仰について――平安時代の信仰天台学報88-92(R)詳細
木村 周誠 南岳慧思における衆生身について天台学報93-97(R)詳細
岩城 英規 智旭の起信論解釈について天台学報98-102(R)詳細
長野 寂然 妙行心要集の称名念仏について天台学報103-106(R)詳細
桑谷 祐顕 『守護国界章』における蓮華釈天台学報107-111(R)詳細
木本 清玄 章安灌頂における涅槃と仏性天台学報112-115(R)詳細
荒木 正宏 等流身について天台学報116-119(R)詳細
高橋 理空 発菩提心についての一考察天台学報120-125(R)詳細
小林 順彦 中国仏教における約心観仏天台学報126-129(R)詳細
山口 興順 栄西入宋の意図について天台学報130-134(R)詳細
スワンソン ポール シンポジウム<基調講演>『天台三大部』の思想天台学報135-144(R)詳細
塩入 法道共著 シンポジウム<討論会の概要>『天台三大部』の思想天台学報145-153(R)詳細
清田 寂天共著 シンポジウム<討論会の概要>『天台三大部』の思想天台学報145-153(R)詳細
ロベール ジャン・ノエル共著 シンポジウム<討論会の概要>『天台三大部』の思想天台学報145-153(R)詳細
坂本 廣博共著 シンポジウム<討論会の概要>『天台三大部』の思想天台学報145-153(R)詳細
多田 孝文共著 シンポジウム<討論会の概要>『天台三大部』の思想天台学報145-153(R)詳細
星宮 智光共著 シンポジウム<討論会の概要>『天台三大部』の思想天台学報145-153(R)詳細

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage