INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前遠藤 純一郎 ( えんどう じゅんいちろう, Junichiro Endo ) 著 (智山伝法院常勤研究員)
タイトル『釈摩訶衍論』に於ける「印知邪生因縁」について
タイトル読みしゃくまかえんろんにおけるいんちじゃしょういんねんについて
サブタイトル
タイトル(欧文)Der Urteil über Gut und Böse als die Voraussetzung zur Meditation in Shakumakaen-Ron, Die Abhandlung von Mahāyāna
サブタイトル(欧文)
該当ページ89-111(R)
媒体名 密教学研究
媒体名欧文 MIKKYŌGAKU KENKYŪ THE JOURNAL of ESOTERIC BUDDHIST STUDY
通号 31
編者 松長有慶
発行日1999-03-30
発行者松長有慶
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   中国 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  時代   唐代 中国 (地域) 中国仏教 (分野) 隋代 (時代) 日本 (地域) 浄土教 (分野) 宋代 (時代) 禅宗 (分野) 仏教 (分野)
  分野   中国仏教 中国 (地域) 浄土教 (分野) 禅宗 (分野) 唐代 (時代) 天台宗 (分野) 日本仏教 (分野) 華厳宗 (分野) インド仏教 (分野)
  人物   法蔵 智顗 華厳宗 (分野) 智儼 (人物) 澄観 (人物) 華厳経 (文献) 中国仏教 (分野) 華厳学 (分野) 元暁 (人物) 華厳五教章 (文献) 天台宗 (分野) 吉蔵 (人物) 湛然 (人物) 摩訶止観 (文献) 法華玄義 (文献) 日蓮 (人物) 慧思 (人物)
  文献   釈摩訶衍論 大乗起信論 大乗起信論義記 占察善悪業報経 小止観 大乗起信論 (文献) 弁顕密二教論 (文献) 中国仏教 (分野) 大乗起信論義記 (文献) 大日経疏 (文献) 十住心論 (文献) 法蔵 (人物) 起信論 (文献) 釈摩訶衍論 (文献) 真諦 (人物) 勝鬘経 (文献) 楞伽経 (文献) 成唯識論 (文献) 摂大乗論 (文献) 華厳五教章 (文献) 華厳経探玄記 (文献) 経宗 (術語) 大乗起信論疏 (文献) 叡山大師伝 (文献) 曇延疏 (文献) 菩提燈 (人物) 類同 (術語) 法華三昧懺儀 (文献) 大乗止観法門 (文献) 天台智顗 (人物) 摩訶止観 (文献) 次第禅門 (文献) 覚意三昧 (文献) 六妙法門 (文献) 心理学 (分野) 禅の機能分析 (術語) 雑々抄 (文献) 観仏三昧海経 (文献)
  術語   十五種因縁 止観行 懺法 占察 善悪業 懺悔 小戒棄捨 (術語) 遮那業 (術語) 懺悔 (術語) 智顗 (人物) 神楽 (術語) 四種三昧 (術語) 礼懺 (術語) 法華 (術語) 懺儀 (術語) 道教 (術語) 六師外道 (術語) 滅罪 (術語) 戒律 (術語) 念仏 (術語) (術語) 慚愧 (術語) 十住毘婆沙論 (文献) 五悔 (術語) 随喜 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage