INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前丘山 新 ( おかやま はじめ, Hajime Okayama ) 著 ()
タイトル「閉じられた自己」から「開かれゆく自己」へ
タイトル読みとじられたじこからひらかれゆくじこへ
サブタイトル仏教における自己と他者
タイトル(欧文)Closed Ego to Opened Self
サブタイトル(欧文)Relationship between Self and Others in Buddhism
該当ページ533-586(L)
媒体名 東洋文化研究所紀要
媒体名欧文 THE MEMOIRS OF THE INSTITUTE FOR ORIENTAL CULTURE
通号 117
特集・テーマ 創立五十周年記念論集II
ISSN 05638089
編者 東京大学東洋文化研究所
発行日1992-03-27
発行者東京大学東洋文化研究所
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   現代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 仏教 (分野) 仏教学 (分野) 宗教学 (分野) 浄土真宗 (分野) インド (地域) 近代 (時代)
  分野   仏教 現代 (時代) 宗教 (分野) 日本 (地域) 鎌倉時代 (時代) 日本仏教 (分野) 中世 (時代) 近代 (時代) インド (地域)
  人物   ゴータマ・ブッダ 宮沢賢治 原始仏教 (分野) 初期仏教 (分野) 釈尊 (人物) マハーヴィーラ (人物) インド仏教 (分野) 仏教学 (分野) ラリタヴィスタラ (文献) 中村元 (人物) 法華経 (文献) 日本仏教 (分野) 文学 (分野) 日蓮宗 (分野) 島地大等 (人物) 日蓮 (人物) 道元 (人物) 法華教学 (分野)
  文献   農民芸術概論綱要 維摩詰経 スッタニパータ ウダーナ ダンマパダ サンユッタニカーヤ 宮沢賢治 (人物) 自己犠牲 (術語) 維摩詰経 (文献) 支謙 (人物) 僧肇 (人物) 大明度経 (文献) 荘子 (文献) 論語 (文献) 竜樹 (人物) 出三蔵記集 (文献) 荘厳 (術語) ダンマパダ (文献) 原始仏教 (分野) インド仏教 (分野) 仏陀 (人物) 釈尊 (人物) 中論 (文献) 初期仏教 (分野) 大毘婆沙論 (文献) スッタニパータ (文献) イティブッタカ (文献) ジャータカ (文献) 法華経 (文献) ダンマパダアッタカター (文献) サンユッタニカーヤ (文献) ディープエコロジー (文献) 雑阿含 (文献) 法句経 (文献) テーラガーター (文献) スッタ・ニパータ (文献) 大智度論 (文献) マッジマニカーヤ (文献) ウダーナ (文献) 実存在 (術語) 釈迦 (人物) 輪廻 (術語)
  術語   自己 他者 慈悲 宗教的目覚め 永遠の原理 共感の原理 苦心 意識 閉じられた自己 開かれ行く自己 解脱 涅槃 他者 (術語) 自我 (術語) 正法眼蔵 (文献) 万法 (術語) 縁起 (術語) 坐禅 (術語) 有時 (術語) 他己 (術語) 自己 (術語) 慈悲 (術語) 自分 (術語) 覚者 (術語) 死者 (術語) アイデンティティ (術語) 出家 (術語) 人間関係 (術語) 智慧 (術語) (術語) 教行信証 (文献) 歎異抄 (文献) 利他 (術語) 平等 (術語) 菩提心 (術語) PāliTi-Piṭaka (文献) 永遠の原理 (術語) 宗教的目覚め (術語) 共感の原理 (術語) Udāna (文献) 目覚めの原型 (術語) ダンマパタ゜ (文献) ダンマ論 (術語) 苦心 (術語) 意識 (術語) (術語) 知識 (術語) 純粋経験 (術語) 自己認識 (術語) 日本仏教 (分野) 格物窮理 (術語) マーヒーヤ (術語) 開かれ行く自己 (術語) 閉じられた自己 (術語) 解脱 (術語) 輪廻 (術語) 涅槃 (術語) 救済 (術語) 生天 (術語) 修行 (術語) 心解脱 (術語) mokṣa (術語) 仏性 (術語) nibbāna (術語) 滅諦 (術語) 菩提 (術語) 原始仏教 (分野) 如来 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage