INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前望月 海慧 ( もちづき かいえ, Kaie Mochizuki ) 著 (立正大学法華経文化研究所研究員)
タイトルアティーシャの著作にみられる業思想
タイトル読みあてぃーしゃのちょさくにみられるごうしそう
サブタイトル
タイトル(欧文)Karma doctrine in the Mahāyāna texts of Atīśa
サブタイトル(欧文)
該当ページ1-23(L)
媒体名 仏教学
媒体名欧文 Journal of Buddhist Studies
通号 38
ISSN 0387-026
編者 高崎直道
発行日1996-12
発行者山喜房佛書林
発行地東京
本文
INBUDS IDIB:00012136
引用文献ID


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   チベット インド (地域) チベット仏教 (分野) 中国 (地域) インド仏教 (分野) 密教 (分野) 日本 (地域) 敦煌 (地域) 14世紀 (時代)
  時代   AD 11-12世紀 チベット (地域) チベット仏教 (分野)
  分野   チベット仏教 チベット (地域) インド仏教 (分野) ツォンカパ (人物) 密教 (分野) ゲルク派 (分野) 現代 (時代) 14世紀 (時代) 15世紀 (時代)
  人物   Atīśa Dīpaṃkaraśrījñāna 世親 Dīpaṃkaraśrījñāna (人物) チベット仏教 (分野) Kamalaśīla (人物) カーダム派 (分野) 菩提道灯 (文献) Advayavajra (人物) 無自性性の論証 (術語) Jitāri (人物) Atīśa (人物) 大乗仏教 (分野) Samādhisambhāraparivarta (文献) Daśākuśalakarmapathadeśanā (文献) Bodhibhadra (人物) madhyamakopadeśa (文献) Dharmakīrtiśrī 曇鸞 (人物) インド仏教 (分野) 無著 (人物) 安慧 (人物) 倶舎論 (文献) 唯識 (分野) 親鸞 (人物) 衆賢 (人物)
  文献   業分別論 倶舎論 karmavibhaṅga 世親 (人物) 倶舎論 (文献) 順正理論 (文献) 大毘婆沙論 (文献) 婆沙論 (文献) アビダルマ仏教 (分野) 大智度論 (文献) インド仏教 (分野) 瑜伽論 (文献) (術語)
  術語   輪廻 karma 五趣 十不善業道 輪廻 (術語) 縁起 (術語) 煩悩 (術語) karma (術語) 宿業 (術語) (術語) karman (術語) 有部阿含 (文献) (術語) 解脱 (術語) 因果 (術語) 無我 (術語) 転生 (術語) 生死 (術語) 涅槃 (術語) kṣaṇasampad (術語) ウパニシャッド (文献) 人生観 (術語) ātman (術語) jñāna (術語) samuccaya (術語) 三界 (術語) 欲界 (術語) 十不善業道 (術語) 七識住 (術語) 業道 (術語) 不律儀 (術語) kleśa (術語) 五趣 (術語) 表業 (術語) 無表 (術語) 意不善業道 (術語) 殺生 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage