INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前岸 清香 ( きし さやか, Sayaka Kishi ) 著 (Graduate Student, Tsukuba University, JSPS Research Fellow (DC2))
タイトルOn Feelings of Shame (Lajjā) in the Eighteenth Chapter of the Mahāyānasūtrālaṃkārabhāṣya
タイトル読みonfeelingsofshamelajjaintheeighteenthchapterofthemahayanasutralamkarabhasya
サブタイトル
タイトル(欧文)On Feelings of Shame (Lajjā) in the Eighteenth Chapter of the Mahāyānasūtrālaṃkārabhāṣya
サブタイトル(欧文)
該当ページ151-158(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF INDIAN AND BUDDHIST STUDIES (INDOGAKU BUKKYŌGAKU KENKYŪ)
通号 130
61
3
ISSN 0019-4344
編者 日本印度学仏教学会
発行日2013-03-25
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   5-7世紀 インド (地域) インド仏教 (分野) 密教学 (分野) チベット (地域) 仏教学 (分野) 大乗仏教 (分野) 仏教論理学 (分野) 麹氏高昌国時代 (時代)
  分野   インド仏教 瑜伽行唯識学派 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) インド大乗仏教 (分野) Maitreya (人物) 瑜伽行唯識派 (分野) インド仏教 (分野) 安慧 (人物) インド仏教学 (分野) 世親 (人物)
  人物   世親 ( Vasubandhu ) 安慧 ( Sthiramati ) 曇鸞 (人物) インド仏教 (分野) 無著 (人物) 安慧 (人物) 倶舎論 (文献) 唯識 (分野) 親鸞 (人物) 衆賢 (人物) 世親 (人物) 護法 (人物) 無性 (人物) 大乗荘厳経論 (文献) 中辺分別論 (文献) 満増 (人物) 弥勒 (人物)
  文献   大乗荘厳経論 ( Mahāyānasūtrālaṃkārabhāṣya ) 菩薩地 ( Bodhisattvabhūmi ) 摂大乗論 (文献) 中辺分別論 (文献) 瑜伽師地論 (文献) 解深密経 (文献) 安慧 (人物) 宝性論 (文献) インド仏教 (分野) 瑜伽論 (文献) 大乗荘厳経論 (文献) 声聞地 (文献) 菩薩地持経 (文献) 瑜伽行派 (分野)
  術語   FeelingsofShame ( lajjā ) hrī-vyapatrāpya

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage