INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前松村 寿巌 ( むらまつ じゅごん, Jugon Muramatsu ) 著 (立正大学仏教学部講師)
タイトル関西諸檀林の形成と展開
タイトル読みかんさいしょだんりんのけいせいとてんかい
サブタイトル
タイトル(欧文)Origin and Developments of Monastic School in the Kansai Districts
サブタイトル(欧文)
該当ページ473-503(R)
媒体名 近世法華仏教の展開:法華経研究
通号 7
編者 宮崎英修
発行日1978-03-20
発行者井上四郎
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 関西 出世寺 縁寺 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 日本 (地域) 近世 (時代) 関東 (地域)
  時代   江戸時代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 曹洞宗 (分野) 鎌倉時代 (時代) 明治時代 (時代) 真言宗 (分野) 室町時代 (時代) 浄土宗 (分野)
  分野   法華仏教 日蓮宗 日蓮宗 (分野) 近世 (時代) 日蓮 (人物) 時間論 (分野) インド (地域) 仏性論 (分野) 近世文学 (分野) 中世〜近世 (時代) 日本仏教 (分野) 日本 (地域) 鎌倉時代 (時代) 天台宗 (分野) 望月歓厚 (人物) 坂本日深 (人物) 日蓮教学 (分野)
  人物   日遠 日陽 日達 日春 日重 日蓮宗 (分野) 日乾 (人物) 日鏡 (人物) 日奥 (人物) 江戸時代 (時代) 日樹 (人物) 日重 (人物) 日薩 (人物) 日遠 (人物) 日達 (人物) 日静 (人物) 日陽 (人物) 日蓮宗学説史 (文献) 鎌倉仏教 (分野) 日蓮 (人物) 日春 (人物) 日寛 (人物) 日法 (人物) 日酋 (人物) 日遂 (人物) 日向 (人物) 日興上人全集 (文献) 物読次第 (文献) 日住 (人物) 一如日重 (人物)
  文献   物読次第 六檀会評扣 京都檀林通用之定 日重 (人物) 六檀会評扣 (文献) 物読次第 (文献) 京都檀林通用之定 (文献) 檀林 (術語)
  術語   檀林 門下生 法脈 法類 六檀会評 関西六檀林 檀林統制 指南頭の制 谷指南 飯高檀林 檀林学制 天台学重視 東西両檀林の格差 西谷檀林 (術語) 久遠寺 (術語) 旃檀林 (術語) 西渓檀林 (術語) 飯高檀林 (術語) 身延 (地域) 増上寺 (術語) 新居日薩 (人物) 檀林 (術語) 法脈 (術語) 門下生 (術語) 法類 (術語) 在家化導 (術語) 礼仏 (術語) マハーヴァスツ (文献) 血脈 (術語) 老婆心 (術語) 純禅 (術語) 六檀会評 (術語) 法嗣 (術語) 徒弟 (術語) 関西六檀林 (術語) 檀林統制 (術語) 指南頭の制 (術語) 谷指南 (術語) 万代式目 (文献) 飯高檀林法度 (術語) 檀林学制 (術語) 善学院 (術語) 天台学重視 (術語) 修学課程 (術語) 身延西谷檀林法度 (術語) 縁寺 (術語) 出世寺 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage