INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前勝呂 信静 ( すぐろ しんじょう, Shinjo Suguro ) 著 (立正大学仏教学部助教授)
タイトルインド仏教と法華思想との連関
タイトル読みいんどぶっきょうとほっけしそうとのれんかん
サブタイトル特に一乗思想を中心にして原始仏教との関連において
タイトル(欧文)The Saddharmapuṇḍarīka and Indian Buddhism
サブタイトル(欧文)
該当ページ437-462(R)
媒体名 法華経の思想と文化:法華経研究
媒体名欧文 A Comprehensive Study of the Saddharma-pundarika and its Influence
通号 1
ISSN ----
ISBN ----
編者 坂本幸男
発行日1965-03-20
発行者井上四郎
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド仏教 法華思想 原始仏教 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) 日本仏教 (分野) 法雲 (人物) 横超慧日 (人物) 日蓮 (人物) 法華経 (文献) 1~2世紀 (時代) 唯識思想 (分野) インド仏教 (分野) 釈尊 (人物) 部派仏教 (分野) パーリ仏教 (分野) 阿含経 (文献) ジャイナ教 (分野)
  人物   アショーカ王 インド仏教 (分野) 原始仏教 (分野) 釈尊 (人物) 仏教学 (分野) 聖徳太子 (人物) アショーカ王碑文 (文献) 仏教文学 (分野) カニシカ王 (人物)
  文献   法華経 涅槃経 般若経 スッタ・ニパータ 日蓮 (人物) インド仏教 (分野) 涅槃経 (文献) 華厳経 (文献) 大乗仏教 (分野) 維摩経 (文献) 般若経 (文献) 正法眼蔵 (文献) 法華経 (文献) 教行信証 (文献) 親鸞 (人物) 大智度論 (文献) 仏性 (術語) 中論 (文献) ダンマパダ (文献) 仏教学 (分野) 十地経 (文献) ツァラツストラ (文献) 悦ばしき知識 (文献) 仏教美術 (分野) ダンマパタ゜ (文献) 行と業 (術語)
  術語   一乗思想 菩薩乗 仏乗 過去仏 法華経 (文献) 勝鬘経 (文献) 華厳五教章 (文献) 如来蔵思想 (術語) 守護国界章 (文献) 観普賢菩薩行法経 (文献) 太子信仰 (術語) 十門 (術語) 仏乗 (術語) 声聞乗 (術語) 縁覚乗 (術語) 阿閦仏信仰 (術語) 声聞成仏 (術語) 三乗説 (術語) 大乗 (術語) 清浄菩薩乗 (術語) 菩薩乗 (術語) 一乗 (術語) インドネシア (術語) 随宜所説意趣 (術語) 三車火宅喩 (術語) 摂受正法 (術語) スマトラ島 (術語) インド仏教 (分野) 辟支仏 (術語) 仏伝 (術語) 過去七仏 (術語) 菩薩誕生記事 (術語) 利他救済 (術語) 下化衆生 (術語) 因縁 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage