INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前中山 和久 ( なかやま かずひさ, Kazuhisa Nakayama ) 著 (神奈川県総合高等学校非常勤講師)
タイトル巡礼と行場の関係
タイトル読みじゅんれいとぎょうばのかんけい
サブタイトル篠栗新四国霊場を中心として
タイトル(欧文)The Relationship between Pilgrimage and the Ascetic Practice Sites
サブタイトル(欧文)Focusing on the Sacred Place of Shinshikoku of Sasaguri
該当ページ58-71(R)
媒体名 山岳修験
通号 25
ISSN 0915-0978
編者 日本山岳修験学会
発行日2000-03-31
発行者岩田書院
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 福岡県 篠栗 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 日本 (地域) 日本古代 (時代) 筑前国分尼寺跡 (地域) 宗像神社 (地域) 岩手県 (地域) 篠栗霊場 (地域) 北九州 (地域)
  分野   宗教学 仏教 現代 (時代) 日本仏教 (分野) 日本現代 (時代) 仏教 (分野) 日本 (地域) 民俗学 (分野) 仏教学 (分野) 近代 (時代) 宗教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 中世 (時代) インド (地域)
  人物   慈忍 林覚運 興教大師覚鑁 (人物) 親証 (人物) 戒律思想 (分野) 鉄眼 (人物) 潅頂 (分野) 智証 (人物)
  術語   石仏の本尊 行場 巡礼コースの成立展開過程 日本仏教 (分野) 講社 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage