INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前石川 力山 ( いしかわ りきざん, Rikizan Ishikawa ) 著 (駒沢大学仏教学部教授)
タイトル曹洞宗における抄物の成立と展開
タイトル読みそうとうしゅうにおけるしょうもののせいりつとてんかい
サブタイトル
タイトル(欧文)----
サブタイトル(欧文)
該当ページ229-265(R)
媒体名 道元思想のあゆみ
媒体名欧文 ----
通号 2
部編 南北朝・室町時代
ISBN 4-642-01318-0
編者 曹洞宗宗学研究所
発行日1993-07-01
発行者吉川弘文館
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 中国 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  時代   南北朝・室町時代 江戸初期 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 文化研究 (分野) 近世 (時代) 東アジア仏教 (分野) 浄土真宗 (分野) 明末清初 (時代) 黄檗宗 (分野)
  分野   禅宗 曹洞宗 日本仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 曹洞宗 (分野) 日本 (地域) 道元 (人物) 鎌倉時代 (時代) 中国 (地域) 仏教 (分野) 禅宗 (分野) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 現代 (時代)
  人物   道元 瑩山紹瑾 義介 曹洞宗 (分野) 正法眼蔵 (文献) 日本仏教 (分野) 禅宗 (分野) 如浄 (人物) 親鸞 (人物) 栄西 (人物) 曹洞宗学 (分野) 道元 (人物) 伝光録 (文献) 瑩山 (人物) 徹通義介 (人物) 懐奘 (人物) 懐弉 (人物) 義演 (人物) 洞谷記 (文献) 瑩山禅師 (人物) 寂円 (人物)
  文献   正法眼蔵 正法眼蔵抄 劫外録 碧巌録 道元 (人物) 永平広録 (文献) 正法眼蔵随聞記 (文献) 弁道話 (文献) 道元禅師 (人物) 修証義 (文献) 法華経 (文献) 宝慶記 (文献) 正法眼蔵 (文献) 経豪 (人物) 仏性 (術語) 正法眼蔵聞書抄 (文献) 正法眼蔵聞書 (文献) 梵網経略抄 (文献) 宏智録 (文献) 虎丘派 (術語) 無門関 (文献) 景徳伝灯録 (文献) 従容録 (文献) 臨済録 (文献) 雪竇重顕 (人物) 祖堂集 (文献) 雲門広録 (文献)
  術語   洞門抄物 語録抄 代語 門参 語録抄 (術語) 帰属意識 (術語) 公案 (術語) 快庵派 (術語) 切紙伝授史料 (術語) (術語) 切紙 (術語) 東福寺系聖一派 (術語) 密参録 (術語) 輪住制 (術語) 洞門抄物 (術語) 碧巌録古抄 (文献) 垂示 (術語) 門参 (術語) 代語選述者 (術語) 大雄山最乗禅寺御開山御代 (文献) 脱落心身 (術語) 古交割帳 (文献) 漢字和訓 (術語) 洞門抄物 (文献) 峨山派 (術語) 代語 (術語) 公案禅 (術語) 抄物 (術語) 看話 (術語) 了庵派 (術語) 本参 (術語) 寂庵禅師拈古谷响 (文献)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage