INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前木村 隆徳 ( きむら りゅうとく, Ryutoku Kimura ) 著 (山口大学講師)
タイトル『金剛経』を媒介とした禅と印度仏教の比較
タイトル読みこんごうきょうをばいかいとしたぜんといんどぶっきょうのひかく
サブタイトル
タイトル(欧文)----
サブタイトル(欧文)
該当ページ191-209(R)
媒体名 金剛般若経の思想的研究
媒体名欧文 ----
ISBN 4-393-11199-0
編者 阿部慈園
発行日1999-10-29
発行者春秋社
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド仏教 禅宗 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) 日本仏教 (分野) 曹洞宗 (分野) 日本 (地域) 道元 (人物) 鎌倉時代 (時代) 中国 (地域) 仏教 (分野)
  人物   カマラシーラ 須菩提 摩訶衍 シャーンタラクシタ (人物) ダルマキールティ (人物) チベット仏教 (分野) 摩訶衍 (人物) ツォンカパ (人物) 修習次第 (文献) 中観 (分野) 中観派 (分野) 舎利弗 (人物) 大乗仏教 (分野) Subhūti (人物) 支婁迦讖 (人物) 世尊 (人物) 道元 (人物) ナチケータス (人物) 桑山正進 (人物) カマラシーラ (人物) 頓悟大乗正理決 (文献) 神会 (人物) 頓悟真宗金剛般若修行達彼岸法門要決 (文献) 中国禅宗 (分野) 中国仏教 (分野) 禅宗 (分野) Śāntarakṣita (人物)
  文献   金剛般若経 修習次第 頓悟大乗正理決 インド (地域) 法華経 (文献) 般若心経 (文献) インド仏教 (分野) 金光明経 (文献) 慧能 (人物) 大乗仏教 (分野) 八千頌般若経 (文献) カマラシーラ (人物) 仏地経解説 (文献) 楞伽経 (文献) Bhāvanākrama (文献) 大日経 (文献) 広釈菩提心論 (文献) 偈従頌二十の解説 (文献) サムエ論議 (術語) 摩訶衍 (人物) Cigcarḥjugpa (術語) 禅定頓悟門 (文献) 無所得一法論 (文献) 禅定不観義 (文献) 神会 (人物) 暦代法宝記 (文献) 諸禅師の言葉
  術語   人法二無我 離妄想 nimitta (術語) (術語) (術語) (術語) 五法 (術語) 真如 (術語) lakṣaṇa (術語) 衆生の種 (術語) (術語) dukkha (術語) 言葉 (術語) (術語) 増語 (術語) 名と諸概念 (術語) dharma (術語) (術語) 所知障 (術語) 百論破神品 (文献) 二諦説 (術語) 入楞伽経 (文献) 唯識 (術語) 自己同一性 (術語) 我所 (術語) 大菩提 (術語) 頓悟 (術語) 不思不観 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage