INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前諏訪 義純 ( すわ ぎじゅん, Gijun Suwa ) 著 (愛知学院大学文学部教授)
タイトル陳帝室と仏教
タイトル読みちんていしつとぶっきょう
サブタイトル天台大師智顗をめぐる政治的・社会的情況について
タイトル(欧文)The Teachings of the Buddha in The Imperial Household "Chen (陳)"
サブタイトル(欧文)
該当ページ863-928(R)
媒体名 天台大師研究:天台大師千四百年御遠忌記念
媒体名欧文 ----
通号 1
ISSN ----
ISBN ----
編者 「天台大師研究」編集委員会
発行日1997-03-01
発行者祖師讃仰大法会事務局/天台学会
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   中国 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  時代   隋代 中国 (地域) 中国仏教 (分野) 唐代 (時代) 天台宗 (分野) 南北朝時代 (時代) 仏教 (分野) 中国天台 (分野) 日本 (地域) (時代) (時代) (時代) (時代) 隋代 (時代) 陳書 (文献) (時代) (時代) (時代) 劉宋 (時代) 北魏 (時代)
  分野   天台宗 中国仏教 摂論宗 三論宗 日本仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 智顗 (人物) 日本 (地域) 最澄 (人物) 伝教大師最澄 (人物) 真言宗 (分野) 平安時代 (時代) 中国 (地域) 浄土教 (分野) 禅宗 (分野) 唐代 (時代) 天台宗 (分野) 華厳宗 (分野) インド仏教 (分野) 地論宗 (分野) 法相宗 (分野) 如来蔵思想 (分野) 摂論学派 (分野) 真諦三蔵 (人物) 吉蔵 (人物) 6c-7c (時代) (時代) 慧均 (人物)
  人物   智顗 文帝 宣帝 法朗 天台宗 (分野) 中国仏教 (分野) 吉蔵 (人物) 湛然 (人物) 摩訶止観 (文献) 法華玄義 (文献) 日蓮 (人物) 慧思 (人物) 中国仏教史 (分野) 煬帝 (人物) 高祖 (人物) 誕生説話 (術語) 曇遷 (人物) 治国 (術語) 稠師 (人物) 僧詮 (人物) 道朗 (人物) 法安 (人物) 注維摩経 (文献) 僧荘 (人物) 道生 (人物) 中論疏記 (文献)
  文献   陳書 続高僧伝 仁王般若経 金光明経 (時代) 毘曇 (人物) 無諍論 (文献) 世祖 (人物) 漢書 (文献) 隋書 (文献) 宋書 (文献) 南史 (文献) 高僧伝 (文献) 道宣 (人物) 宋高僧伝 (文献) 安楽集 (文献) 広弘明集 (文献) 浄土論 (文献) 景徳伝灯録 (文献) 楞伽経 (文献) 金光明経 (文献) 仁王経 (文献) 菩薩瓔珞本業経 (文献) 梵網経 (文献) 法華経 (文献) 自己 (術語) 正法眼蔵 (文献) 中国仏教 (分野) 涅槃経 (文献) 大雲経 (文献) 仁王般若経 (文献) 合部金光明経 (文献) 華厳経 (文献)
  術語   陳帝室 後主 講会 報恩 (術語) 因明要義抄 (文献) 儀軌 (術語) 念仏 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage