INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前石井 清純 ( いしい せいじゅん, Seijun Ishii ) 著 (駒沢大学教授)
タイトル「現成公案」の意味するもの
タイトル読みげんじょうこうあんのいみするもの
サブタイトル道元禅師の思想的基盤について
タイトル(欧文)Considering The Basis of Dogen Thought with Redefining the Word 'Genjo-koan' in Shobogenzo
サブタイトル(欧文)
該当ページ97-110(R)
媒体名 駒沢大学仏教学部論集
媒体名欧文 JOURNAL OF BUDDHIST STUDIES
通号 36
特集・テーマ 皆川広義教授退任記念号
ISSN 0389-990X
編者 仏教学部研究室
発行日2005-10-31
発行者仏教学部研究室
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 中国 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  時代   鎌倉時代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 浄土真宗 (分野) 曹洞宗 (分野) 真宗学 (分野) 平安時代 (時代) 浄土宗 (分野) 仏教 (分野)
  分野   禅宗 日本仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 曹洞宗 (分野) 日本 (地域) 道元 (人物) 鎌倉時代 (時代) 中国 (地域) 仏教 (分野)
  人物   道元 曹洞宗 (分野) 正法眼蔵 (文献) 日本仏教 (分野) 禅宗 (分野) 如浄 (人物) 親鸞 (人物) 栄西 (人物) 曹洞宗学 (分野)
  文献   正法眼蔵 正法眼蔵聞書抄 古尊宿語録 箭喩経 永平広録 道元 (人物) 永平広録 (文献) 正法眼蔵随聞記 (文献) 弁道話 (文献) 道元禅師 (人物) 修証義 (文献) 法華経 (文献) 宝慶記 (文献) 正法眼蔵 (文献) 経豪 (人物) 廬談 (文献) 正法眼蔵抄 (文献) 詮慧 (人物) 中陰経 (文献) 白居易 (人物) 景徳伝灯録 (文献) 伝心法要 (文献) 円覚宗演 (人物) 宝林伝 (文献) 現成公案 (術語) 雲門広録 (文献) 天聖広燈録 (文献) 抄録本 (術語) チャーンドーグヤ・ウパニシャッド (文献) 実存哲学 (術語) 正法眼蔵聞書抄 (文献) 永平広禄 (文献) 正法眼蔵古心仏巻 (文献) 仮名正法眼蔵 (文献) 伝光録 (文献) 永平略録 (文献) 建撕記 (文献)
  術語   現成公案 一行専修 暫定的完結 只管打坐 正法眼蔵 (文献) 只管打坐 (術語) 古則公案 (術語) 諸法実相 (術語) 有時 (術語) 公案禅 (術語) 三界唯心 (術語) 仏性 (術語) 暫定的完結 (術語) 教行信証 (文献) 他力念仏 (術語) 一行専修 (術語) 身心脱落 (術語) 祇管打坐 (術語) 修証一等 (術語) 現成公案 (術語) 坐禅 (術語) 本証妙修 (術語) 公案 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage