INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前岡田 憲尚 ( おかだ けんしょう, Kensho Okada ) 著 (筑波大学大学院)
タイトルシャーキャブッディのアポーハ論解釈の一面について
タイトル読みしゃーきゃぶっでぃのあぽーはろんかいしゃくのいちめんについて
サブタイトル
タイトル(欧文)An Aspect of Śākyabuddhi's Interpretation of Apoha theory
サブタイトル(欧文)
該当ページ137-142(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF INDIAN AND BUDDHIST STUDIES (INDOGAKU BUKKYŌGAKU KENKYŪ)
通号 108
54
2
特集・テーマ 四天王寺国際仏教大学における第五十六回学術大会紀要(二)
ISSN 0019-4344
編者 日本印度学仏教学会
発行日2006-03-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド仏教 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野)
  人物   ダルマキールティ シャーキャブッディ Dharmakīrti (人物) 仏教論理学 (分野) 法称 (人物) ディグナーガ (人物) インド仏教 (分野) カマラシーラ (人物) 論理学 (分野) ダルモーッタラ (人物) カルナカゴーミン (人物) ダルマキールティ (人物) ヴィニータデーヴァ (人物) デーヴェーンドラブッディ (人物) アポーハ論 (術語) サーヤナ・マーダヴァ (人物) プラジュニャーカラグプタ (人物) イーシュヴァラセーナ (人物)
  文献   Pramāṇavārttika Tattvasaṃgraha Dharmakīrti (人物) Pramāṇaviniścaya (文献) 法称 (人物) Pramāṇasamuccaya (文献) 現量 (術語) pratyakṣa (術語) Pramāṇavārttikasvavṛtti (文献) Tattvasaṃgraha (文献) Tattvasaṃgrahapañjikā (文献) Kamalaśīla (人物) 勝論派 (分野) Pramāṇavārttika (文献) カマラシーラ (人物) dravya (術語) śāntarakṣita (人物) Kumārila (人物)
  術語   アポーハ論 サーンキヤ学派批判 他者の排除 普遍の知 アポーハ説 (術語) anyāpoha (術語) apoha論 (術語) apoha (術語) 概念 (術語) ダルマキールティ (人物) 他者の排除 (術語) ローザンヌ大学 (術語) アポーハ (術語) apoha説 (術語) adhyavasāya (術語) Jñānaśrīmitranibandhāvalī (文献) アポーハ 言語協約 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage