INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前林 慶仁 ( hyashi keijin, Keijin Hayashi ) 著 (東方研究会研究員)
タイトルWhat Do the Commentators on Pramāṇavārttika Think of the Notion 'Intermediate Being (antarābhava)'?
タイトル読みwhatdothecommentatorsonpramanavarttikathinkofthenotionintermediatebeingantarabhava
サブタイトル
タイトル(欧文)What Do the Commentators on Pramāṇavārttika Think of the Notion 'Intermediate Being (antarābhava)'?
サブタイトル(欧文)
該当ページ127-144(L)
媒体名 東方
媒体名欧文 TŌHŌ(THE EAST)
通号 16
編者 三枝充悳
発行日2001-12-31
発行者財団法人東方研究会設立東方学院
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド チベット インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野) インド (地域) チベット仏教 (分野) 密教 (分野) 敦煌 (地域) 14世紀 (時代)
  分野   仏教哲学 比較哲学 (分野) 現代 (時代) 宗教哲学 (分野) 曹洞宗 (分野) 道元 (人物) ヘーゲル (人物) 原始仏教 (分野) 日本 (地域)
  人物   Dharmakīrti Ravigupta Jayanta ダルマキールティ (人物) 論理学 (分野) Dignāga (人物) Pramāṇavārttika (文献) Prajñākaragupta (人物) 仏教論理学 (分野) Dharmottara (人物) 法称 (人物) Jayanta (人物) Kamalaśīla (人物) Kashikar,C.G. (人物) Vedayaśīla (人物) ラヴィグタ (人物) Dharmakīrti (人物) 倶舎論 (文献) Ravigupta (人物) abhāva (術語) Kumārila (人物) Nyāyamañjarī (文献) Uddyotakara (人物) インド哲学 (分野) Pramāṇavārttikālaṅkāra (文献) 正理学派 (分野)
  文献   Pramāṇavārttika Dharmakīrti (人物) Pramāṇaviniścaya (文献) 法称 (人物) Pramāṇasamuccaya (文献) 現量 (術語) pratyakṣa (術語) Pramāṇavārttikasvavṛtti (文献) Tattvasaṃgraha (文献)
  術語   Intermediate Being antarābhava Pramāṇavārttika (文献) antarābhava (術語) 中有 (術語) 分別上座部 (術語) 中陰 (術語) 説一切有部 (術語) jīva (術語) IntermediateBeing (術語) Manobhūmi (文献) skandhas (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage