INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前林 玄海 ( はやし げんかい, Genkai Hayashi ) 著 (京都大学大学院)
タイトルカマラシーラの著作における正智と二諦説の関係について
タイトル読みかまらしーらのちょさくにおけるしょうちとにたいせつのかんけいについて
サブタイトル
タイトル(欧文)The Relation between samyagjñāna and satyadvaya in Kamalaśīla's
サブタイトル(欧文)
該当ページ157-160(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF INDIAN AND BUDDHIST STUDIES (INDOGAKU BUKKYŌGAKU KENKYŪ)
通号 138
64
2
ISSN 0019-4344
編者 日本印度学仏教学会
発行日2016-03-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド チベット インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野) インド (地域) チベット仏教 (分野) 密教 (分野) 敦煌 (地域) 14世紀 (時代)
  時代   8世紀後半 インド (地域) 9世紀前半 (時代) インド哲学 (分野) 仏教論理学 (分野) チベット (地域) チベット仏教 (分野) インド仏教 (分野) 西日本 (地域)
  分野   インド仏教 瑜伽行中観派 チベット仏教 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) インド仏教 (分野) シャーンタラクシタ (人物) 8世紀 (時代) Kamalaśīla (人物) 惞融Śāntarakṣita (人物) 八世紀 (時代) チベット (地域) ツォンカパ (人物) ゲルク派 (分野) 現代 (時代) 14世紀 (時代) 15世紀 (時代)
  人物   カマラシーラ シャーンタラクシタ (人物) ダルマキールティ (人物) チベット仏教 (分野) 摩訶衍 (人物) ツォンカパ (人物) 修習次第 (文献) 中観 (分野) 中観派 (分野)
  文献   Madhyamakāloka Kamalaśīla (人物) Haribhadra (人物) 中観光明論 (文献) Madhyamakālaṃkāra-kārikā (文献) Dharmakīrti (人物) 唯心 (術語) Pramāṇavārttika (文献) Uddyotakara (人物)
  術語   二諦 正智 勝義 世俗智 (術語) 縁起 (術語) 八不 (術語) 三性 (術語) 方便 (術語) 三諦 (術語) 二諦論 (術語) 世俗諦 (術語) 真如 (術語) 分別 (術語) 依他起 (術語) 四諦 (術語) 教行信証師資発覆抄 (術語) 真理 (術語) 世俗 (術語) 三摩地 (術語) 行願 (術語) 無自性 (術語) 二諦説 (術語) (術語) (術語) 了義 (術語) 智品註解 (文献)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage