INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前水野 友晴 ( みずの ともはる, Tomoharu Mizuno ) 著 (京都大学非常勤講師)
タイトル西田哲学と体用論理
タイトル読みにしだてつがくとたいゆうろんり
サブタイトル
タイトル(欧文)Nishida's Philosophy and the Logic of Neo Confucianism
サブタイトル(欧文)The Trial which Searches for the Fundamental Standpoint of Eastern Realism
該当ページ65-71(R)
媒体名 比較思想研究
媒体名欧文 Studies in Comparative Philosophy
通号 100000
特集・テーマ 成田山臨時大会号
ISSN 0286-2379
編者 比較思想学会
発行日2004-11-30
発行者比較思想学会
発行地東京
本文
INBUDS IDIB:00076823


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 中国 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  時代   日本近代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 日本近代仏教 (分野) 宗教学 (分野) 浄土真宗 (分野) 曹洞宗 (分野) 日本思想 (分野) 比較思想 (分野)
  分野   比較思想 朱子学 仏教学 (分野) 日本 (地域) 宗教学 (分野) 日本仏教 (分野) キリスト教 (分野) 浄土宗 (分野) 道元 (人物) インド (地域) (分野) 儒教 (分野) 朱子 (人物) 禅宗 (分野) 華厳思想 (分野) 禅思想 (分野) 陽明学 (分野)
  人物   西田幾多郎 朱子 鈴木大拙 (人物) 田辺元 (人物) 哲学 (分野) 親鸞 (人物) 善の研究 (文献) 道元 (人物) 久松真一 (人物) 浄土真宗 (分野) 大慧宗杲 (人物) 宗密 (人物) 朱子学 (分野) 朱熹 (人物) 韓愈 (人物) 朱子語類 (文献) 魯迅 (人物) 理気 (術語)
  文献   善の論理 大乗起信論 釈摩訶衍論 (文献) 法蔵 (人物) 大乗起信論義記 (文献) 真諦 (人物) 勝鬘経 (文献) 楞伽経 (文献) 成唯識論 (文献) 摂大乗論 (文献)
  術語   純粋経験 大用論理 玉山講義 調和 直覚 善の研究 (文献) 絶対矛盾的自己同一 (術語) 西田哲学 (術語) 意識 (術語) ナショナリズム (術語) 京都学派 (術語) オリエンタリズム (術語) 宗教的要求 (術語) 天子 (術語) 君主 (術語) 霊魂 (術語) 戒殺放生 (術語) 儒教倫理 (術語) 父母 (術語) 以太 (術語) 自然 (術語) 調和論者 (術語) 儒仏道三教鼎分帰一 (術語) 漢和対照妙法蓮華経 (文献) 念相 (術語) 修止観 (術語) 共生 (術語) 諸法実相 (術語) 古寺巡礼 (文献) 恋愛 (術語) anubhava (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage