INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前藤堂 恭俊 ( とうどう きょうしゅん, Kyoshun Todo ) 著 ()
タイトル浄土教における観・称の問題(1)
タイトル読みじょうどきょうにおけるかんしょうのもんだい1
サブタイトル特にシナ浄土教に見られる観より称への移行
タイトル(欧文)The Question of Buddha-Viewing and Buddha-Calling in the Pure-Land School
サブタイトル(欧文)with Particular Emphasis on the transition from the Former to the latter, as evidenced in the Chinese school
該当ページ53-62(R)
媒体名 仏教文化研究
媒体名欧文 STUDIES IN BUDDHISM AND BUDDHIST CIVILIZATION (BUKKYŌ BUNKA KENKYŪ)
通号 12
ISSN ----
ISBN ----
編者 仏教文化研究所
発行日1963-03-31
発行者仏教文化研究所
発行地京都
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   中国 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  時代   300-600年代
  分野   浄土教 日本仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 親鸞 (人物) 法然 (人物) 善導 (人物) 日本 (地域) 曇鸞 (人物) 教義学 (分野)
  人物   曇鸞 世親 慧遠 鳩摩羅什 親鸞 (人物) 浄土教 (分野) 善導 (人物) 道綽 (人物) 世親 (人物) 往生論註 (文献) 教行信証 (文献) 天親 (人物) 曇鸞 (人物) インド仏教 (分野) 無著 (人物) 安慧 (人物) 倶舎論 (文献) 唯識 (分野) 衆賢 (人物) 中国仏教 (分野) 吉蔵 (人物) 智顗 (人物) 浄影寺慧遠 (人物) 鳩摩羅什 (人物) 大乗義章 (文献) 僧肇 (人物) 法華経 (文献) 大乗仏教 (分野) 龍樹 (人物) 玄奘 (人物) 慧遠 (人物) 竺法護 (人物)
  文献   観無量寿経 無量寿経論 般若三昧経 論註 無量寿経 (文献) 阿弥陀経 (文献) 教行信証 (文献) 大無量寿経 (文献) 善導 (人物) 観経疏 (文献) 浄土教 (分野) 親鸞 (人物) 無量寿経論註 (文献) 世親 (人物) 宗教 (分野) 無量寿経優波提舎願生偈 (文献) 観経義疏 (文献) 大乗荘厳経論 (文献) 大乗阿毘達磨雑集論 (文献) 題目 (術語) 浄土論 (文献) 安楽集 (文献) 曇鸞 (人物) 愚禿鈔 (文献) 讃阿弥陀仏偈 (文献) 浄土論註 (文献)
  術語   想寂 専思 念仏三昧 般若三昧 観仏三昧 (術語) 見仏 (術語) 往生 (術語) 三昧 (術語) 華厳経 (文献) 観念法門 (文献) 口称念仏 (術語) 念仏 (術語) 自性清浄心 (術語) 見仏性 (術語) 知物 (術語) 極楽往生 (術語) 他力救済 (術語) 神秀 (術語) 十住毘婆沙論 (文献) 念仏三昧 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage