INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前佐藤 晃 ( さとう あきら, Akira Sato ) 著 (早稲田大学大学院博士後期課程)
タイトル刹那滅論を前提とした因果関係は成立可能か
タイトル読みせつなめつろんをぜんていとしたいんがかんけいはせいりつかのうか
サブタイトルTattvasaṃgraha (pañjikā) 520-522における刹那滅論擁護の論点
タイトル(欧文)Can the causality of a momentary one be proved?
サブタイトル(欧文)Tattvasaṃgraha (pañjikā) 520-522
該当ページ54-74(L)
媒体名 東洋の思想と宗教
媒体名欧文 Thought and Religion of Asia
通号 28
ISSN 0910-0601
編者 岩田孝
発行日2011-03-25
発行者早稲田大学東洋哲学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   8世紀 インド (地域) インド仏教 (分野) 中国 (地域) チベット (地域) 中国仏教 (分野) インド哲学 (分野) 唐代 (時代) 日本 (地域)
  分野   仏教論理学 インド仏教 (分野) 仏教論理 (分野) ダルマキールティ (人物) インド (地域) Dharmakīrti (人物) Dignāga (人物) 陳那 (人物) 7世紀 (時代)
  人物   カマラシーラ シャーンタラクシタ (人物) ダルマキールティ (人物) チベット仏教 (分野) 摩訶衍 (人物) ツォンカパ (人物) 修習次第 (文献) 中観 (分野) 中観派 (分野)
  文献   Tattvasaṃgrahapañjikā Karmaphalasaṃbandhaparīkṣā Tattvasaṃgraha (文献) Pramāṇavārttika (文献) apoha (術語) Kamalaśīla (人物) 推理論 (術語) Ślokavārttika (文献) 作用 (術語) Abhidharmakośabhāṣya (文献)
  術語   刹那滅論 因果関係 恒常性批判 kṣaṇabhaṅgasiddhi (術語) 因果論 (術語) 再認識批判 (術語) 他不生 (術語) kṣaṇabhaṅgavāda (術語) Tattvasaṅgraha-Pañjikā (文献) 勝論 (術語) 仏教論理 (分野) 社会性 (術語) 因果関係の内実 (術語) pariṇāmavāda (術語) 因中有果論 (術語) 一切智者の智 (術語) 顕現 (術語) anupalabodhi (術語) 世界開展 (術語) sthirasiddhidūṣaṇa (術語) svabhāva (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage