INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前近藤 伸介 ( こんどう しんすけ, Shinsuke Kondo ) 著 (公益財団法人中村元東方研究所研究員/佛教大学研究員)
タイトル因果異時から同時への移行
タイトル読みいんがいじからどうじへのいこう
サブタイトル『瑜伽師地論』に見る瑜伽行派の因果論の成立過程
タイトル(欧文)Transition from the Heterochrony to the Synchrony of Cause and Effect
サブタイトル(欧文)On the Formation of Yogācāra School's Theory of Cause and Effect in Terms of the Yogācāra-bhūmi
該当ページ219-234(L)
媒体名 東方
媒体名欧文 TŌHŌ (THE EAST)
通号 31
ISSN 2186-0440
編者 公益財団法人中村元東方研究所
発行日2016-03-31
発行者公益財団法人中村元東方研究所
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド仏教 瑜伽行派 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) 瑜伽行学派 (分野) インド仏教 (分野) 瑜伽師地論 (文献) 無著 (人物) 唯識 (分野) 世親 (人物)
  人物   無著 世親 無性 世親 (人物) 弥勒 (人物) インド仏教 (分野) 瑜伽行派 (分野) Asaṅga (人物) 唯識 (分野) 瑜伽師地論 (文献) 無着 (人物) 曇鸞 (人物) 無著 (人物) 安慧 (人物) 倶舎論 (文献) 親鸞 (人物) 衆賢 (人物) 摂大乗論 (文献) 唯識思想 (分野) 大乗経荘厳広註 (文献) Asvabhāva (人物) 唯識仏教 (分野)
  文献   瑜伽師地論 摂大乗論 瑜伽行地解説 解深密経 (文献) 瑜伽行派 (分野) 摂大乗論 (文献) 顕揚聖教論 (文献) 大乗荘厳経論 (文献) インド仏教 (分野) 成唯識論 (文献) 声聞地 (文献) 中辺分別論 (文献) 瑜伽師地論 (文献) 世親 (人物) 瑜伽論 (文献) 倶舎論 (文献)
  術語   因果異時 種子の六義 アーラヤ識 習気 因果論 聞熏習 (術語) 大浄・大我・大楽・大常 (術語) bīja (術語) 種子 (術語) 熏習 (術語) 如来蔵 (術語) 三性説 (術語) 瑜伽師地論 (文献) アートマン (術語) 縁起 (術語) アーダーナ識 (術語) 唯識 (術語) 末那識 (術語) アポーハ (術語) アーラヤ識 (術語) 形象虚偽論者 (術語) 菩薩道 (術語) 意言 (術語) 無妙 (術語) vāsanā (術語) 刹那滅論 (術語) 無自性論性 (術語) 六因・四縁・五果 (術語) 種と芽の比喩 (術語) Nyāyadarśana (文献) 異時因果 (術語) 倶舎論 (文献) 因果 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage