INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前杉木 恒彦 ( すぎき つねひこ, Tsunehiko Sugiki ) 著 (広島大学准教授)
タイトルインド大乗仏教経典に見られる刑罰・戦争論
タイトル読みいんどだいじょうぶっきょうきょうてんにみられるけいばつせんそうろん
サブタイトル十善はどのように王政として展開されるのか
タイトル(欧文)A Buddhist View of Punishument and Warfare Found in the Indian Mahāyāna Satyakaparivarta
サブタイトル(欧文)The Moral Characteristics of Kingship in Accordance with the Ten Good Deeds
該当ページ2-25(L)
媒体名 東洋学術研究
媒体名欧文 The Journal of Oriental Studies
通号 181
57
2
特集・テーマ 21世紀と宗敎――地球文明の構築へ向けて(第33回学術大会シンポジウムより)
ISSN 0287-6086
ISBN 978-4-88596-048-2
編者 東洋哲学研究所
発行日2018-11-29
発行者東洋哲学研究所
発行地東京
本文
INBUDS IDIB:00183962


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   大乗仏教 インド仏教 (分野) インド (地域) 仏教 (分野) 浄土教 (分野) 中国 (地域) 法華経 (文献) 浄土真宗 (分野) 密教 (分野)
  人物   アサンガ ヴァスバンドゥ (人物) 無著 (人物) ナーガールジュナ (人物) マイトレーヤ (人物) 唯識 (分野) 瑜伽師地論 (文献) スティラマティ (人物) バーヴィヴェーカ (人物)
  文献   ミリンダ王の問い サティヤカの章 菩薩地 パラマッタディーパニー (文献) ウィリアム・ジョーンズ (人物) インディカ (文献) 法顕 (人物) 法句経 (文献) 増一阿含経 (文献) (術語) 蔵釈 (文献) 瑜伽師地論 (文献) 大乗荘厳経論 (文献) 解深密経 (文献) 中辺分別論 (文献) 声聞地 (文献) 菩薩地持経 (文献) 瑜伽論 (文献) 瑜伽行派 (分野)
  術語   十善 戦争 殺傷 刑罰 三毒 五戒 (術語) 不殺生 (術語) 有徳王 (術語) 悔過滅罪法 (術語) 四分律宗 (術語) puṇya (術語) 正法律 (術語) 悪業 (術語) 平和 (術語) 軍縮 (術語) 宗教 (術語) 霊性 (術語) 聖戦 (術語) 浄土真宗 (分野) 近代仏教 (術語) 葬式仏教 (術語) 活命 (術語) kamma (術語) 転輪聖王 (術語) 保護 (術語) 福徳 (術語) 守護者 (術語) 罪過 (術語) 初期仏典 (術語) 太上老君説常清浄経 (文献) 三尸 (術語) nibbāna (術語) 対機説法 (術語) 無量寿経 (文献) 悲化 (術語) 自修の去行 (術語) 教判 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage