INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前高橋 正伸 ( たかはし まさのぶ, Masanobu Takahashi ) 訳 (創価池田女子大学教育アドバイザー)
チャンドラ ロケッシュ ( ちゃんどら ろけっしゅ, Lokesh Chandra ) 著 (インド文化国際アカデミー理事長)
タイトルマハトマ・ガンジーと仏教
タイトル読みまはとまがんじーとぶっきょう
サブタイトル
タイトル(欧文)Mahatma Gandhi and Buddhism
サブタイトル(欧文)
該当ページ118-125(R)
媒体名 東洋学術研究
媒体名欧文 The Journal of Oriental Studies
通号 151
42
2
特集・テーマ ガンジー主義と仏教
ISSN 0287-6086
編者 東洋哲学研究所
発行日2003-12-15
発行者東洋哲学研究所
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   仏教学 現代 (時代) 日本 (地域) インド (地域) インド学 (分野) 中国 (地域) 宗教学 (分野) 道元禅師 (人物) チベット (地域)
  人物   マハトマ・ガンジー 聖徳太子 タゴール 仏教 (分野) 生活様式 (術語) 天台大師 (人物) ケーニッヒ枢機卿 (人物) G・セションズ (人物) 東洋の智慧を語る (文献) ウィリアム・チャニング (人物) ヨセフ物語 (文献) 日本仏教 (分野) 親鸞 (人物) 日本書紀 (文献) 勝鬘経義疏 (文献) 日本 (地域) 十七条憲法 (文献) 維摩経義疏 (文献) 憲法十七条 (文献) インド文学 (分野) Tagore (人物) インド思想 (分野) ギーターンジャリ (文献) Caṇḍālikā (文献) NaṭīrPūjā (文献) 戯曲 (分野) ベンガル文学 (分野)
  文献   バガヴァッド・ギーター アジアの光 法華経 マハーバーラタ (文献) Bhagavadgītā (文献) シャンカラ (人物) パラマ・サンヒター (文献) インド仏教 (分野) ブラフマ・スートラ (文献) リグ・ヴェーダ (文献) インド思想 (分野) ガンディー (人物) 菩薩 (術語) 東方聖典叢書 (文献) 仏国土拾遺 (文献) ヒンド・スワラージ (文献) 非暴力 (術語) 日蓮 (人物) 涅槃経 (文献) 華厳経 (文献) 大乗仏教 (分野) 維摩経 (文献) 般若経 (文献) 正法眼蔵 (文献)
  術語   男女平等 千手觀音 創価学会 白蓮華 五障三従 (術語) 女性観 (術語) 八敬戒 (術語) 永平広録 (文献) 長文本 (術語) 変成男子説 (術語) 往生要集 (文献) 念仏 (術語) 灯明 (術語) 帆文字 (術語) 日蓮正宗 (術語) 立正佼成会 (術語) 霊友会 (術語) 祖先崇拝 (術語) 宗教学 (分野) 戸田城聖 (人物) 法華経 (文献) 国家神道 (術語) 白居易 (人物) 菩薩行 (術語) 専修唱題 (術語) 芬陀利華 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage