INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前藤 能成 ( ふじ よしなり, Yoshinari Fuji ) 著 (龍谷大学文学部教授)
タイトル大衆仏教の巨星・元暁と親鸞
タイトル読みだいしゅぶっきょうのきょせいがんぎょうとしんらん
サブタイトルその生涯と精神・思想の共通性
タイトル(欧文)----
サブタイトル(欧文)
該当ページ1-19ー1-31(L)
媒体名 仏教を通じた日韓文化交流の歴史と展望――未来への伝灯
媒体名欧文 ----
部編 2015年度研究活動報告書別冊プロシーディングス改訂版
特集・テーマ 世界仏教文化研究センター設立記念シンポジウム
ISSN ----
ISBN ----
編者 龍谷大学世界仏教文化研究センター
発行日2016-03-31
発行者龍谷大学世界仏教文化研究センター
発行地京都
本文
INBUDS IDIB00202962A
引用文献ID


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 韓国 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 日本 (地域) 韓国仏教 (分野) 朝鮮 (地域) 高麗時代 (時代) 新羅時代 (時代) 朝鮮半島 (地域)
  分野   仏教 現代 (時代) 宗教 (分野) 日本 (地域) 鎌倉時代 (時代) 日本仏教 (分野) 中世 (時代) 近代 (時代) インド (地域)
  人物   元暁 親鸞 法蔵 (人物) 韓国仏教 (分野) 朝鮮仏教 (分野) 浄土教 (分野) 慧遠 (人物) 義湘 (人物) 吉蔵 (人物) 憬興 (人物) 浄土真宗 (分野) 教行信証 (文献) 法然 (人物) 真宗学 (分野) 日本仏教 (分野) 曇鸞 (人物) 善導 (人物)
  文献   無量寿経 金剛三昧経論 起信論疏 安養集 選択本願念仏集 観無量寿経 (文献) 阿弥陀経 (文献) 浄土教 (分野) 親鸞 (人物) 大阿弥陀経 (文献) 教行信証 (文献) 法華経 (文献) 浄土論 (文献) 元暁 (人物) 起信論疏 (文献) 涅槃宗要 (文献) 金剛三昧経 (文献) 偽経 (術語) 三国異事 (文献) 略弁大乗入道四行弟子曇林序 (文献) 大乗起信論義記 (文献) 大乗起信論義疏 (文献) 起信論義記 (文献) 金剛三昧経論 (文献) 大乗起信論別記 (文献) 法華五教章 (文献) 曇延 (人物) 理事無碍 (術語) 往生要集 (文献) 源隆国 (人物) 隆国 (人物) 誓幢和上碑 (文献) 安養抄 (文献) 九品往生義 (文献) 宇治大納言 (術語) 日本浄土教研究 (術語) 法然 (人物) 善導 (人物) 無量寿経 (文献) 摧邪輪 (文献) 一枚起請文 (文献)
  術語   大衆仏教 往生因 仏智疑惑 仏智不思議 Jinakālamālī (文献) 招来僧 (術語) 受用土 (術語) 修因論 (術語) 帰向往生 (術語) 罪福信 (術語) 真宗と仏教 (術語) 出世本懐 (術語) 真言 (術語) 一切智 (術語) 無問自説 (術語) 時機の自覚 (術語) 歎異抄聞思録 (文献) 夢告 (術語) 住正定聚 (術語) 不信 (術語) 自然法爾 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage