INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前西沢 史仁 ( にしざわ ふみひと, Fumihito Nishizawa ) 著 ()
タイトル仏教論理学の歴史的展開に関する一考察
タイトル読みぶっきょうろんりがくのれきしてきてんかいにかんするいちこうさつ
サブタイトル
タイトル(欧文)On the Historical Development of Buddhist Pramāṇa Tradition
サブタイトル(欧文)
該当ページ135-196(L)
媒体名 インド論理学研究
媒体名欧文 INDIAN LOGIC (インド論理学研究 INDO-RONRIGAKU-KENKYŪ)
通号 5
特集・テーマ ダルマキールティ特輯号
ISSN 1884-7382
編者 松本史朗、金沢篤、木村誠司、四津谷孝道
発行日2012-11-30
発行者インド論理学研究会
発行地東京
本文
INBUDS IDIB00206529A
引用文献ID


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド チベット インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野) インド (地域) チベット仏教 (分野) 密教 (分野) 敦煌 (地域) 14世紀 (時代)
  分野   仏教論理学 インド仏教 (分野) 仏教論理 (分野) ダルマキールティ (人物) インド (地域) Dharmakīrti (人物) Dignāga (人物) 陳那 (人物) 7世紀 (時代)
  人物   ダルマキールティ ディグナーガ チャパ・チューキセンゲ ツォンカパ Dharmakīrti (人物) 仏教論理学 (分野) 法称 (人物) ディグナーガ (人物) インド仏教 (分野) カマラシーラ (人物) 論理学 (分野) ダルモーッタラ (人物) ダルマキールティ (人物) Dignāga (人物) 陳那 (人物) バルトリハリ (人物) インド論理学 (分野) ウッディヨータカラ (人物) チベット仏教 (分野) チャンドラキールティ (人物) 密教 (分野) 宗喀巴 (人物) ナーガールジュナ (人物) 中観 (分野) シャーンタラクシタ (人物)
  術語   論理学 ( pramāṇavidyā ) 中観帰謬派 仏智 ゲルク派 認識論 (術語) ニヤーヤ派 (分野) 聖典 (術語) 仏教認識論 (術語) 国際ダルマキールティ学会 (術語) 倶舎論世間品 (文献) anumāna (術語) 帰謬論証 (術語) 善説心髄 (文献) 二諦説 (術語) dGongsparabgsal (文献) 顕教 (術語) 究極的真実 (術語) śūnyatā (術語) 自相 (術語) 中観自立派 (術語) 本願 (術語) 教行信証 (文献) 智慧 (術語) 仏知見 (術語) 聖道浄土兼学 (術語) 仏意 (術語) 第十八願成就文 (術語) 現象学的還元 (術語) 帰謬派 (術語) 帰謬論証派 (術語) ションカパ (術語) ケートゥプ・ゲーレクパルサン (人物) 毘婆沙部 (術語) ranggimtshannyid (術語) 中観派 (術語) ツォンカパ (人物)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage