INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前沖 和史 ( おき かずふみ, Kazufumi Oki ) 著 (種智院大学講師)
タイトル《citrādvaita》理論の展開
タイトル読みcitradvaitaりろんのてんかい
サブタイトルprajñākaraguptaの論述
タイトル(欧文)The Development of the citrādvaita Theory
サブタイトル(欧文)How did Prajñākaragupta explain it?
該当ページ1-14(L)
媒体名 東海仏教
媒体名欧文 Journal of Tōkai Association of Indian and Buddhist Studies
通号 20
編者 東海印度学仏教学会
発行日1975-12-06
発行者東海印度学仏教学会
発行地名古屋
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド仏教 唯識 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) インド仏教 (分野) 世親 (人物) 日本仏教 (分野) 法相宗 (分野) 弥勒 (人物)
  人物   Dharmakīrti Prajñākaragupta Jñānaśrīmitra ダルマキールティ (人物) 論理学 (分野) Dignāga (人物) Pramāṇavārttika (文献) Prajñākaragupta (人物) 仏教論理学 (分野) Dharmottara (人物) 法称 (人物) Dharmakīrti (人物) プラジュニャーカラグプタ (人物) Bhāsarvajña (人物) Kamalaśīla (人物) Śākyabuddhi (人物) ジュニャーナシュリーミトラ (人物) Kṣaṇabhaṅga-adhyāya (文献) Ratnākaraśānti (人物)
  文献   Pramāṇavārttika Vārtikālaṅkāla Dharmakīrti (人物) Pramāṇaviniścaya (文献) 法称 (人物) Pramāṇasamuccaya (文献) 現量 (術語) pratyakṣa (術語) Pramāṇavārttikasvavṛtti (文献) Tattvasaṃgraha (文献) Pramāṇavārttika (文献) 形象 (術語)
  術語   形象 ākāra citrādvaita 証得 (術語) 対境 (術語) 基体 (術語) アポーハ (術語) 外界 (術語) Citrādvaitaprakāśavāda (術語) 事物 (術語) Vārtikālaṅkāla (文献) 唯識 (分野) 形相 (術語) āhāra (術語) 帯相 (術語) evammesutaṃ (術語) evam (術語) 行相 (術語) prakāra (術語) pramāṇa (術語) ākāra (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage