INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前宇野 惇 ( うの あつし, Atsushi Uno ) 著 (広島大学教授)
タイトルミーマーンサー学派の遍充論(一)
タイトル読みみーまーんさーがくはのへんじゅうろん1
サブタイトル
タイトル(欧文)The Mīmāṁsaka 'vyāpti-vāda' (1)
サブタイトル(欧文)
該当ページ60-81(L)
媒体名 広島大学文学部紀要
媒体名欧文 "The Hiroshima University Studies, Literature Department"
通号 42
42
編者 広島大学文学部
発行日1982-12-15
発行者広島大学文学部
発行地広島
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   ミーマーンサー学派 インド哲学 (分野) インド (地域) ミーマーンサー派 (分野) クマーリラ (人物) Mīmāṃsā学派 (分野) ニヤーヤ学派 (分野) インド学 (分野) 仏教論理学 (分野)
  人物   Pārthasārathi Miśra ミーマーンサー学派 (分野) Nyāyaratnamālā (文献) クマーリラ (人物) Ślokavārttika (文献)
  文献   Nyāyaratnamālā PārthasārathiMiśra (人物) vyāpti (術語) パールタサーラティミシュラ (人物) 自律的真理論 (術語) Sucaritamiśra (人物) Pūrvapakṣa (文献)
  術語   vyāpti anumāna avinābhāva anvaya vyatireka anvyavyāpti vyatirekavyāpti niyama 遍充 (術語) anumāna (術語) vyatireka (術語) インド論理学 (術語) Nyāyaratnamālā (文献) Navya-nyāya (術語) Necessity (術語) 法称 (人物) pratyakṣa (術語) avinābhāva (術語) vyāpti (術語) arthāpatti (術語) 推論 (術語) 推理 (術語) nyāya (術語) atyantaparokṣa (術語) anvaya (術語) 三時 (術語) Kumārila (人物) 不可離関係 (術語) 論証因 (術語) 能遍 (術語) 聖典解釈 (術語) 因の三相説 (術語) Ślokavārttika (文献) プラマーナ (術語) ゲールク派僧院 (術語) 有意味性 (術語) anvyavyāpti (術語) 部分的間接表示 (術語) Vyāptinirnaya (文献) adhyavasāya (術語) 同類 (術語) avyatireka (術語) vyatirekavyāpti (術語) niyama (術語) 自発性 (術語) 論理的必然関係 (術語) マントラ (術語) mantra (術語) yama (術語) liṅga (術語) bhūyodarśana (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage