INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前山口 益 ( やまぐち すすむ, Susumu Yamakuchi ) 著 ()
タイトル中観派に於ける中観説の綱要書
タイトル読みちゅうがんはにおけるちゅうがんせつのこうようしょ
サブタイトル中観宝灯論について
タイトル(欧文)
サブタイトル(欧文)
該当ページ69-152
媒体名 大谷大学研究年報
媒体名欧文 The Annual Report of Researches of Otani University
通号 2
ISSN 02896982
編者 大谷大学大学会
発行日1943-03-20
発行者大谷大学大谷学会
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド チベット インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野) インド (地域) チベット仏教 (分野) 密教 (分野) 敦煌 (地域) 14世紀 (時代)
  分野   インド仏教 チベット仏教 中観 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) チベット (地域) インド仏教 (分野) ツォンカパ (人物) ゲルク派 (分野) 現代 (時代) 14世紀 (時代) 15世紀 (時代) 竜樹 (人物) 唯識 (分野) 清弁 (人物) チベット仏教 (分野) 月称 (人物)
  人物   清弁 竜樹 月称 陳那 月称 (人物) 中観派 (分野) Bhāvaviveka (人物) 中観 (分野) 仏護 (人物) 竜樹 (人物) Bhavya (人物) 般若灯論 (文献) インド仏教 (分野) 世親 (人物) 中論 (文献) 曇鸞 (人物) 親鸞 (人物) 天親 (人物) 清弁 (人物) 龍樹 (人物) Candrakīrti (人物) 法称 (人物) Dignāga (人物) 仏教論理学 (分野) 仏教論理 (分野) ディグナーガ (人物) 集量論 (文献) 論理学 (分野)
  文献   中観宝灯論 中観五蘊論 中観心論 陳那 (人物) 中観五蘊論 (文献) 中論 (文献) 中観論者 (術語) 清弁 (人物) 有相唯識 (術語) Bhāviveka (人物) 思択炎 (文献) 中観宝灯論 (文献) 中観心論 (文献) バヴィヤ (人物) Madhyamaka-hṛdaya-kārikā (文献) 釈軌論 (文献) 一切智 (術語) 般若経 (文献) Bhāvaviveka (人物)
  術語   中観説 二諦 有相唯識 無相唯識 入中論 (文献) 中観心論 (文献) 二諦 (術語) (術語) 縁起 (術語) 八不 (術語) 三性 (術語) 方便 (術語) 三諦 (術語) 二諦論 (術語) 世俗諦 (術語) 無相唯識 (術語) 多様不二 (術語) ラトナキールティ (術語) ダルミン (術語) 自己認識 (術語) Pramāṇavārttikaṭīkā (文献) 知識論 (術語) 中観宝灯論 (文献) 有相唯識 (術語) 心心所 (術語) 空性 (術語) サーロッタマー (文献) 八現観 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage